ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未来の移動ツール?持ち運びもラクな電動ローラースケート「Blizwheel ESkates」

電動キックスケーター、電動スケートボードときたら、次は「電動ローラースケート」だろう。今回紹介する「Blizwheel ESkates」であなたの移動スタイルが変わるかもしれないぞ?

・Proモデルは最大時速24km?


Blizwheel ESkatesは、左右の足に取り付けて乗ることができる電動ローラースケートだ。ローラースケートといえど、車輪は左右1つずつ。しかし、足にしっかりと固定して、左右でバランスが取れるようにつくられているので、慣れれば簡単に乗れるようになるそうだ。

専用コントローラーのジョイスティックで操作することとなり、Liteモデルの時速は約8kmだが、Proモデルの方は最大で24kmまで加速することができるそうだ。さらに、オプションのフィンガーコントローラーを使えば、指の折り曲げ角度で速度調整もできるため、より直感的な操作が可能になるだろう。

・コンパクトに収納できて持ち運びもラク


Liteモデル本体の重さは約3.6kgで、左右を折り曲げて重ね合わせ、専用バッグに入れれば大変コンパクトに収納することができる。これなら通勤用リュックや旅行用バッグの中に入れておくこともできるのではないだろうか?

Liteモデルの総移動可能距離は約8km、Proモデルは約24kmと、バッテリーの利用時間が短い点は気になるが、街中のちょっとした移動には助かるかもしれない。充電にかかる時間は2、3時間のようだ。

Blizwheel ESkatesの一番安いLiteモデルで今なら299ドル(約3万3600円)で、Kickstarterで2017年11月8日までキャンペーンが実施されている。道路交通法上日本で使えるかどうかは確認した方が良いが、これぞまさに未来の移動ツールといえるのではないだろうか?

執筆:Doga

Blizwheel ESkates/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。