ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

離乳食を食べないのは私が怖いせい?楽しい雰囲気作りで摂取量アップ!

f:id:akasuguope01:20170322202605j:plain

長男の離乳食を始めたばかりの生後5カ月の時、離乳食は手作りで、しかも栄養バランスの取れたものを与えたい!と思った私。

離乳食レシピ本を購入し、必要な道具を買いそろえ、教科書通りの進め方でどんどん食べられるものの種類を増やしていくぞ!と奮起し頑張っていました。

最初はおも湯から少しずつ進めていき、離乳食初期のリンゴのすりおろしまでは上手に食べてくれました。ですが、それ以降、小松菜を苦労して冷凍しすりおろししても、蒸し器で蒸したかぼちゃ(蒸したほうが栄養価が高いと何かで読みました)を一生懸命裏ごししても、食事中に機嫌が悪くなって食べてくれません。

最初の1口は食べてくれるのですが、量に繋がらないのです。どうしたものかと悩みました。とにかく何がいけないのか、長男を観察しました。 関連記事:「離乳食、少ししか食べてくれない…」と悩んだ私が、「楽しければそれでOK!」と思えるようになるまで

長男はカーテンが揺れてもびっくりして泣いてしまうような繊細なタイプ。物音に敏感で外からの刺激に弱い性格でした。ですから食事において重要なのは、雰囲気や安心感ではないかと思ったのです。

そう気づいてからは「食べてくれ!一生懸命作ったんだから!」というオーラをしまい、「食事って楽しいねー♪」の雰囲気を全面に出して、離乳食を口に運ぶようにしました。

実践し始めたのは離乳食を始めて2週間後の、生後6カ月になりたての頃。具体的にはまず椅子に座らせながら「ご飯の時間だよー」と言って笑顔で抱っこしました。私が笑うと一緒に笑ってくれます。そうっと座らせて、あたたかいガーゼで口と手を拭き「じゃあ、いただきまーす!」とテンション高めで手を合わせさせます。

自分でも客観的に見ると何かのアトラクションのクルーかな?と思うくらい高揚した表情でしたが、最終目標『離乳食をたくさん食べてもらう』を目指して口角を上げました。そして甘いものから少しづつ口の中へ。

この日はおかゆ、さつまいもの裏ごしとミルクのトロトロ、小松菜のすりおろし(だし味)だったので、まずさつまいもから。「あーん♪」と自分の口に運ぶ真似をしてから、長男の口へ持っていきます。量は離乳食用のスプーン半分くらい。何だか笑顔で食べてくれます。この調子でおかゆ、小松菜と、これも少しづつ。毎回自分が食べる真似をしなくても大丈夫でした。とにかく最初の一口から、食べてくれたら「おいしいね~!」と満面の笑顔で返していました。 関連記事:好きだったものすら急に食べてくれなくなる!自由すぎる娘にイライラ限界だった離乳食

長男はポカーンとしながらも、嫌がってはいません。いつもはため息をつきそうな顔をしていましたから成功です!これ以降も表情を観察しつつ気がそれたなと思ったら無理に口に運ばずゆっくり待ちました。長男をじっと見て待つのではなく、窓の外を眺めたりしてほのぼのした空気を作りつつです。

そしてこの日にすぐ完食とはいかなかったのですが、まんべんなく7割摂取!以前は半分以上捨てていたので、長男的には急成長!ありがとうー!と長男を褒めたのは言うまでもありません。

今までの雰囲気が怖かったんやね。ゴメンね長男。それ以降は笑顔で楽しくを貫き、小食ながらも教科書通りには離乳食を進めていくことができました。

f:id:akasuguope01:20170322185007j:plain

著者:なぎさ

年齢:35歳

子どもの年齢:14歳、13歳、10歳、7歳、6カ月

中2の男の子(継子)と中1・小4・小1の3姉妹(実子)、7月に男の子を出産。ステップファミリー4年目。再婚相手は12歳年上。心のよりどころは3姉妹との月イチの女子会(カラオケ・ランチ・ショッピング)と、お笑い全般。大好物は吉本芸人の漫才。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

双子のような年子姉妹。長女の真似っこで次女の手づかみ食べも大成功!
「離乳食、少ししか食べてくれない…」と悩んだ私が、「楽しければそれでOK!」と思えるようになるまで
好きだったものすら急に食べてくれなくなる!自由すぎる娘にイライラ限界だった離乳食

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy