ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネバトロプチプチ。青森の「味よし」は想像以上にクセになる

ネバトロプチプチ。青森の「味よし」は想像以上にクセになる

青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」です。

普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布などに大根、きゅうり…など、海と陸の珍味を一緒くたに漬け込んだもの。

こういった食文化は、庶民の味として戦前からこの地域に根ざしていたようです。たとえば、きのこを昆布や菊花と和えた「きのこの塩辛」は、雪で野菜がとれない冬場を中心に重宝されてきた、青森独自の味わいというわけです。

一皿に凝縮された
海の幸と山の幸

ネバトロプチプチ。青森の「味よし」は想像以上にクセになる

箸で持ち上げると昆布のトロみが糸を引き、食欲をそそります。納豆やオクラ、とろろが好きな人なら定番の一品にしたくなるはず。

数の子のプチプチした食感があり、醤油の酸味のなかにはピリッとした辛味も効いています。

贈り物には数の子たっぷりの
「ねぶた漬」も

じつは青森には「味よし」よりもさらに数の子をたくさん入れた「ねぶた漬」が存在します。大きめな数の子が入っているため高級品ですが、贈答用なら「ねぶた漬」がいいかもしれません。

「味よし」が商品として発売されたのは、昭和35年のこと。

戦後、次第に失われつつあった昆布と野菜を和えて食べる文化を残し、県外にも広めていきたいという思いで開発された「味よし」は、青森県民の心をつかんで離さない、知られざる庶民の味と言えるのかもしれません。ネバトロプチプチ。青森の「味よし」は想像以上にクセになる

購入は、ヤマモト食品より。Photo by Kenji Fujimaki

関連記事リンク(外部サイト)

「青森ねぶた」を楽しめる、星野リゾートの露天風呂が幻想的!
このツーンは好き。北海道の「山わさび醤油漬」
卵焼きが甘いのは・・・?関東と関西の食文化の違い

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy