ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リアル茄子出現システム」とは? SCEが地上デジタル/衛星デジタルチューナー内蔵のネットワークレコーダー&ストレージ『nasne(ナスネ)』を発表

「リアル茄子出現システム」とは? SCEが地上デジタル/衛星デジタルチューナー内蔵のネットワークレコーダー&ストレージ『nasne(ナスネ)』を発表

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、地上デジタル/衛星デジタル(BS/110度CSデジタル)チューナーと500GBのハードディスク装置(HDD)を搭載するネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne(ナスネ)』を7月19日に発売することを発表しました。『PlayStation 3』(PS3)や『VAIO』でテレビ番組を録画できるほか、テレビ番組を『PS3』、『PS Vita』、『VAIO』、Androidタブレット『Sony Tablet』、Androidスマートフォン『Xperia』から視聴したり録画予約できるようになります。プレスリリースには将来のバージョンで「リアル茄子出現システム対応」とナゾの仕様が記載されていますが、その詳細についてもSCEに確認してみました。

地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)』に、衛星デジタル放送(BS/110度CSデジタル)の視聴・録画機能とストレージを追加した製品。『PS3』ユーザーは『nasne』に付属する専用アプリケーション『torne ver.4.0』をインストールすることで、地上デジタルと衛星デジタルのテレビ番組の視聴や録画が可能になります。『PS3』に最大4台の『nasne』を接続して4番組の同時録画ができるほか、『torne』を既に持っているユーザーはこれを加えて5番組の同時録画が可能。

『PS Vita』ユーザーは、年内に提供予定の専用アプリケーション『torne for PS Vita(仮称)』を利用して、寝室や書斎など家庭内の好きな場所から『nasne』にWi-Fi経由でアクセスして番組の視聴や録画予約が可能。録画した番組は『PS Vita』に書き出して、外出先に持ち出すこともできます。

『VAIO』ユーザーは、専用アプリケーション『VAIO TV with nasne』を利用して、LANもしくはWi-Fi経由で『nasne』にアクセス、番組の視聴や録画予約が可能。『nasne』本体に録画した番組は『VAIO』本体のHDDやSSD(ソリッドステートドライブ)へ書き出せるほか、ブルーレイディスクやDVDにダビングできます。家庭内のネットワークに最大8台の『nasne』を登録し、8チャンネルの同時録画も可能。

『Sony Tablet』や『Xperia』では、家庭内の好きな場所から『nasne』にWi-Fi経由でアクセスし、番組のライブ視聴や録画した番組の視聴が可能。スマートフォン向け番組表サービス『Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU』を利用して、外出先から番組の録画予約も可能にします。

プレスリリースに記載された仕様には、システムソフトウェアVer.1.50へのアップデート後に「リアル茄子出現システム対応」の1文が。これについてSCEに確認したところ、「アクセスされた機器に応じて、選択可能なアイコンを増やすことができる機能です。詳細は申し上げられないですが、ゲームっぽく遊びを持たせた機能とお考えください」(SCE広報)とのこと。

“ナス”に関連する絵柄のアイコンが増えて、『PS3』や『PS Vita』のアイコンとして利用できるのでしょうか。アップデートに関するナゾも含めて、今後楽しみな製品です。『nasne』は7月19日に発売予定で、価格は1万6980円(税込み)です。

『nasne』主な仕様
本体サイズ:W43×D189×H136mm
重量:約460g
RFチューナー:地上デジタル(ISDB-T)×1、衛星デジタル(ISDB-S)×1
受信チャンネル(地上デジタル):VHF帯(1~12ch)、UHF帯(13~62ch)、CATV帯(C13~C63ch)
受信チャンネル(衛星デジタル):BS/110度CSデジタル(1032~2071MHz)
内蔵HDD:SATA 2.5inch(容量500GB)
入出力端子:LAN端子(100BASE-TX、1000BASE-T)、アンテナ入力端子(地上デジタル/BS/110度CS混合アンテナ入力)、アンテナ出力端子(地上デジタル/BS/110度CS混合アンテナ出力)、外付けハードディスク端子(USB2.0準拠、Type A)、B-CASカードスロット
ボタン:電源ボタン、IP RESETボタン
インジケーターランプ:電源ランプ、RECランプ、IPステータスランプ、HDDアクセスランプ
電源:AC100V、DC12V/1.5A
消費電力:録画中 2ストリーム配信時9.5W、省電力モードスタンバイ時4.5W

ネットワークレコーダー機能:
・DTCP-IP対応
・地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送のライブ/録画コンテンツストリーム配信(ホーム&モバイル機器向け)
・録画モード(DR&3倍)対応
・リモート録画機器の登録とインターネット経由での録画予約
・トリックプレイ/シーンサーチ対応
・レジューム再生
・DTCP-IP Move対応
・モバイル機器への書き出し対応(ネットワーク環境により転送時間が異なる)
・ダビング10対応
・マルチクライアント対応(DTC-IPストリームを同時に2本配信)
・周波数変更字の自動追従

メディアストレージ機能:
・DLNA1.5対応
・ライブチューナー(地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送)と録画コンテンツのDMS配信
・ファイルサーバーに転送された画像/音楽/ビデオファイルをDMSで配信※
・マルチクライアント対応
・リアル茄子出現システム対応※
・ファイルサーバー機能(共有ディレクトリ設定、ワークグループ設定)など
※『nasne』システムソフトウェアVer.1.50へアップデートが必要

その他機能:
・ウェブブラウザアプリケーション『nasne HOME』
・外付けハードディスク対応(1台の『nasne』に1台の外付けハードディスクを登録可能)
・省電力モード対応(10分間アクセスがないとスタンバイモードへ移行)
・『nasne』システムソフトウェアアップデート機能

付属品:
本体、ACアダプター、電源コード、LANケーブル、アンテナケーブル、B-CASカード、PS3専用アプリケーション『torne』(BD-ROM)、クイックスタートガイド

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy