ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この写真に潜む「おなじみの家電」は?

この写真に潜む「おなじみの家電」は?

ソニーやパナソニック、シャープ、LGなど、国内外のメーカーがシノギを削って様々な新機能を開発し、どんどん薄型化・大型化・高画質化が進行中。

お気づきのとおり「テレビ」のお話なのですが、たまに家電量販店の売り場に行くと、目の覚めるようなクリアな画質に驚く一方、あまり差異のないデザインに少々物足りなさを感じてしまうのも事実で。テレビって部屋の専有面積/存在感もデカいので、インテリアとしても機能するような、もっとスタイリッシュなものがあれば――。

Samsungが開発した『THE FLAME』というテレビは、“額縁”というネーミングのとおり、絵画のフレームに入ってしまったようなデザインで、これなら不満はない…どころか、わざわざ客人を招いて自慢したいくらいです。

一体どんなアイテムなのか、わかりやすいイントロダクション・ムービーがあるので、まずはこちらを。

テレビ、ときどき、アート。

この写真に潜む「おなじみの家電」は?

この『THE FLAME』は、デザインとテクノロジーの高次元での融合を讃えられ世界最大規模の家電見本市「CES 2017」でベスト・イノベーション・アワードを受賞。4K Ultra HDという画質の美しさは、思わず息をのんでしまうほどです。

ムービーにもあったように、テレビとして使用していないときは様々な絵画が表示される「アートモード」として使用可能。表示できる絵画は100以上の「Samsungアートコレクション」からチョイスできるので、好みのものを選んで部屋をあなただけの美術館に。

さらに気が利いているのは、モーションセンサーによって人がいるときはディスプレイを点灯、いなくなると自動でオフにしてくれること。輝度センサーも内蔵されているので、部屋の照明を感知して、最適な明るさに調整してくれるのもグッド。

アーティスティックな外見からツンとしたヤツかと思いきや、配慮の行き届いた“できる子”なのです。

お値段、約22万円より

デザインを担当したのが世界的なデザイナー・イヴ・ベアールさんと聞いて、納得。The Frameは「単なるもうひとつのテレビではなく、壁に命を与えるディスプレイの新しい体験です」とイヴさん。

価格は、55インチモデルが約22万円、ひと回り大きな65インチモデルが約30万円。残念ながら日本での発売は未定とのこと。来るべき日を心待ちにしましょう。Reference:Samsung

関連記事リンク(外部サイト)

これからのテレビは、薄さよりも「家具」のような存在へ
暮らしを自由にするために、「家電のあり方」とインテリアを一緒に考えてみました
「テレビをあんまり見ない、持っていない人」にとにかくおすすめしたいソファ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。