ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人旅、フェス移動に利用したい「あいのり」サービス

一人旅、フェス移動に利用したい「あいのり」サービス
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)の9月限定コーナー「TOKYO SHARING GOOD」。このコーナーでは、モノやスペース、スキルなどをシェアすることでお財布にも、環境にも、そして人にも、やさしい生活を提案していきます。9月27日(水)のオンエアでは、車移動の新しいスタイル「ライドシェアリング」に注目。長距離ライドシェアリングサービス「notteco(のってこ!)」の代表・東祐太朗さんにお話を伺いました。

nottecoは、車のあいのり相手を探すプラットフォーム。地方の音楽フェスやスポーツ観戦、スキーなど、車で移動するときに空いている席をシェアすることで、運転者は高速代やガソリン代を節約でき、乗せて貰う人は安く快適に移動できる、また、目的地が同じ友だちができるなどの出会いも副次的に提供しているサービスで、2007年から10年近い実績があります。

現在、全国で4万人の会員を有するnotteco。利用者は、単身赴任の人が帰郷するとき、フェス、イベント、さらに過疎地で公共交通機関の代わりに住民同士であいのりするなどの使い方も出てきているそうです。

知らない人同士だったり、女性ひとりの時など不安に感じる人のために、東さんいわく「一番最初に使って貰うまでのハードルが高いので、使用者にレビューを書いて貰ったり、自分たちで乗りに行ってドライバーを紹介したりする活動もしています」とのこと。トラブルも今のところなく、逆に家の前まで送迎してくれるなど融通をきかせてくれるドライバーもいたりして、ユーザーから感謝の声も寄せられているそうです。

これから利用したいという人はnottecoのホームページで簡単に会員登録が可能ですが、知らない人同士が乗るということで、運転者は免許証、乗る人も身分証明や本人確認の提出が必要です。最近はフェス側も、渋滞対策であいのり専用駐車場や、スキー場がリフト券のプレゼントなどを用意するケースも増えているのだとか。1人で遠出するときに利用するのにも良いかもしれませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。