ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

確かに深い…YKK APの「窓学」10周年記念展開催!

確かに深い…YKK APの「窓学」10周年記念展開催!
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。9月28日(木)のオンエアでは、この日から10月9日(月・祝)まで青山・スパイラル・ガーデンで開催する窓学10周年記念「窓学展―窓から見える世界―」に注目しました。

「窓学」は、窓の製造で知られるYKK APが2007年にスタートした活動で、「窓は文明であり、文化である」というコンセプトのもと、窓を学問として多角的に探究して新たな可能性や魅力を提示することでより良い建築、都市、社会作りに貢献することを目指して活動しています。

「窓学展」には、総合監修を務めた東北大学の五十嵐太郎さんを中心に、国内外の大学、有識者、建築家、アーティストも参加。10年間の窓学の多彩な研究の積み重ねを凝縮した展示となっています。

例えば「窓の漫画学」では、漫画『サザエさん』『ドラえもん』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作品から、窓を取り出して、時代や物語によって窓がどのように変わっていくのか、実際に漫画を見ながら知ることができます。

アートの部門では、写真家のホンマタカシさん、金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」でおなじみのレアンドロ・エルリッヒさん、注目の若手アーティストの鎌田友介さんの新しい作品を鑑賞することができます。

レアンドロ・エルリッヒさんに、今回の展示についてお話を伺いました。

「新作は、『窓学展』という、さまざまな窓に対するアプローチされる展覧会の一部として作りました。私の作品は空中に浮かんでいる窓があって、そこにハシゴが寄りかかっていて、空中の窓をハシゴが支えているような感じになっています。これは、ある意味、“あり得ない、不可能な状況”を表しています。コンセプトとして、“私たちは、どのように過去を捉えるのか”ということに関連して創作を始めました」(レアンドロ・エルリッヒさん、以下同)

さらに、新作は会場になっている青山からもインスピレーションを受けて、作ったそうです。

「これは青山の『スパイラル』で開催する展覧会のために作った作品なので、青山という土地と呼応するようなものを作りたい、何らかの形でそれを表現したいと思いました。それで窓のある壁の一部に、青山のお店だと思うようなサインが書いてあるんですが、明らかに昔のものだと分かると思います。というのも、私は“窓”というのは、新しい、いろいろな物語の解釈を生み出す良い機会だと思っています。窓を通して風景を見る、新たな景色を見る時、窓の中から外を見ているのか、窓の外から中を見ているのかを考える…窓は新しいものを発見するために適したプラットホームだと思います」

窓のことを深く、広く、真剣に考えたいという思いから発足した「窓学」。これまで、私たちが意識していなかった“窓”について知る、良い機会になりそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月曜−木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy