ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

紅葉絶景に煌めき夜景…インスタ映え◎函館周辺のハズさない秋デートスポット【北海道】

この秋は一生に一度は見てみたい憧れの紅葉や、秋色の街を遊びながら感じる紅葉を楽しみに、北海道へ旅してみませんか?今回は函館周辺の秋デートにおすすめスポットをご紹介致します。大沼エリアではスケールの大きな秋の絶景に心を奪われる紅葉スポットを楽しんだり、函館エリアでは紅葉に街歩き、ロマンチックな夜景を満喫したり・・・。きっと二人の心にも残る、素敵な秋の一日をご案内いたします。

記事配信:じゃらんニュース

湖紅葉×アクティビティ【大沼エリア】

大沼国定公園

優美な駒ヶ岳と湖が織り成す水辺の錦秋を心に焼き付けて。

大沼国定公園湖の周りや、島々を橋で結ぶ散策路がある

【見頃】10月中旬~11月上旬

道南屈指の観光と紅葉の名所。大小3つの湖に浮かぶ126の島々や湖畔の木々が色づき、雄大な駒ヶ岳の稜線が澄んだ空に映える、スケールの大きな秋の絶景に心を奪われる。大沼国定公園城岱スカイラインにも足をのばして紅葉狩り

大沼国定公園(おおぬまこくていこうえん)

TEL/0138-67-2170(大沼国際交流プラザ)

住所/亀田郡七飯町大沼町

アクセス/電車:JR函館駅より車で40分

車:新千歳空港より車で3時間

駐車場/160台(1台400円)

「大沼国定公園」の詳細はこちら

大沼合同遊船

湖上からの紅葉狩り。

大沼合同遊船「島巡り1周コース」の所要時間は約30分

大小の島々の間を縫うように進む遊覧船で悠々と紅葉観賞。貸し切りのモーターボートなどもあり、水上からの楽しみ方もいろいろだ。 大沼合同遊船

TEL/0138-67-2229

住所/亀田郡七飯町大沼1023-1

営業時間/8時~17時(季節・天候により変動あり)

定休日/なし

料金/遊覧船乗船料中学生以上1100円、小学生550円、未就学児は大人1名につき1名無料、2名からは小学生料金

駐車場/なし(近隣有料駐車場を利用)

「大沼合同遊船」の詳細はこちら

函館七飯ゴンドラ

紅葉の海原を空中散歩。

函館七飯ゴンドラ4つの展望台とカフェが点在する遊歩道も

紅葉の海原を眼下に望むゴンドラで山頂へ。駒ヶ岳や大沼、さらには羊蹄山やニセコ連峰までを見晴らすダイナミックな光景に出合える。紅葉の見ごろは、例年10月上旬~下旬。 函館七飯(はこだてななえ)ゴンドラ

TEL/0138-67-3355

住所/亀田郡七飯町東大沼666

営業時間/9時~16時

定休日/なし(10月29日~12月上旬までは休み)

料金/ゴンドラ往復料金高校生以上1800円、小中学生1000円、未就学児無料 ※冬季料金は異なる、要問い合わせ

駐車場/2000台

「函館七飯ゴンドラ」の詳細はこちら

「大沼公園まるかじりプラン」で秋遊び

お好みのランチとカヌーやサイクリング、ボートなどの体験プログラムをそれぞれ選んで組み合わせるプラン。大沼エリアの「いいとこどり」が手軽に叶うのだ。

◆体験

大沼公園まるかじりプラン体験プランのひとつ「ちょこっとカヌー体験」。30分ほどの体験だが、非日常気分は十分!

◆ランチ

大沼公園まるかじりプラン薪窯で焼く本格ナポリピザセットを(ランチ一例)。牧場内にあり、動物とのふれあいもできる

◆お土産はコレ!

大沼名物といえば「だんご」。たっぷりのあんこや醤油餡に埋もれた餅を楊枝で頂く。プランには割引券付き。

≪大沼公園まるかじりプラン≫

ひとり 4000円(体験+ランチ+土産割引券付き)

※前日15時まで要予約、1日10組限定

・期間/~2017年10月30日

・申し込み/URL http://onumakouen-plan.jimdo.com

・問合せ/TEL 0138-67-2170(大沼国際交流プラザ)

紅葉公園×ザ・観光地【函館エリア】

見晴公園(旧岩船氏庭園香雪園)

足元に広がる赤の絨毯、庭園で感じ入る日本の秋。

見晴公園(旧岩船氏庭園香雪園)4万坪を超える敷地。湯の川温泉エリアに位置 見晴公園(旧岩船氏庭園香雪園)ライトアップは期間中の16時~21時

【見頃】10月下旬~11月上旬

北海道唯一の国指定文化財庭園。約150種の樹木と茶室風の園亭や渓流、レンガ造りの温室など様々な意匠が広がる空間を、モミジやカエデ、イチョウなどが秋色に染め上げる。

◆NEWS

10月21日~11月12日は「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」を開催。期間中は木々がライトアップされ、幻想的な雰囲気に。 見晴公園(みはらしこうえん)(旧岩船氏庭園香雪園(こうせつえん))

TEL/0138-40-3605(函館市住宅都市施設公社)

住所/函館市見晴町56

営業時間/24時間可(緑のセンターは8時45分~17時30分)

定休日/なし

料金/入園無料

アクセス/電車:JR函館駅より車で25分

車:新千歳空港より車で3時間30分

駐車場/165台

「見晴公園(旧岩船氏庭園香雪園)」の詳細はこちら

元町界隈

異国情緒漂う坂の街を歩く。

元町界隈美しい鐘の音が響く「函館ハリストス正教会」 元町界隈塔の風見鶏が印象的な「カトリック元町教会」

函館港を望む坂の上にあり、教会や洋館などの西洋建築が多く立ち並ぶ元町エリア。カフェも多く坂道散歩の合間に立ち寄りたい。 元町界隈

TEL/0138-27-3333(函館市元町観光案内所)

住所/函館市元町

営業時間/各施設により異なる、要問合せ

定休日/各施設により異なる、要問合せ

料金/各施設により異なる、要問合せ

駐車場/あり

函館山ロープウェイ

宝石箱のような煌めき夜景。

函館山ロープウェイ夕暮れは込み合うので早めの登頂を

標高334mの函館山の頂上からは、2つの海に挟まれ、末広がりに延びる光の街を一望。世界的にも高い評価を獲得している絶景を目に焼き付けて。 函館山ロープウェイ

TEL/0138-23-3105(総合案内)

住所/函館市元町19-7

営業時間/10時~22時(10月16日~4月24日は~21時)

定休日/ロープウェイは10月10日~11月12日整備点検のため運休

料金/ロープウェイ片道中学生以上1280円、小学生640円、2歳以下無料、3歳~未就学児は大人1名につき1名無料、2人目からは小学生料金

駐車場/120台

※ロープウェイ運休期間も山頂施設は通常営業。登山バスやタクシー、マイカー(時間制限あり)などで登頂可能

「函館山ロープウェイ」の詳細はこちら

グルメはコレ!

グルメはコレ!

海鮮モノは朝市のどんぶり横丁市場で。(写真は恵比寿屋食堂)。麺モノなら最近話題の「海老麺総本家 地元家」をチェック。

※この記事は2017年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

デートで使える!ロマンチックな進化系プラネタリウム&カフェバー3選
霊場巡りも湯巡りもバッチリ!【愛媛~香川】プチお偏路情報10選
スイーツなのに罪悪感なし!?今話題のギルトフリースイーツを味わえるお店3選

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。