ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【特集】そろそろ準備しなくちゃ? 忙しくても簡単!家族で楽しむハロウィンのベスト献立

10月31日はハロウィンです。ここ数年で、日本にすっかり定着したかのように見えるハロウィン。雑誌、WEB、TVなどで、それぞれハロウィン仕様のレシピが紹介され、盛りあがりをみせています。なかでも編集部が気になっているのが“ホワイトシチュー”です。

 

 

その理由は、簡単に作れてアレンジ可能。なによりも、その一皿で本格的な寒さが到来する季節を感じさせてくれるホワイトシチューは、ハロウィンにもってこい。白いシチューにカボチャやニンジンのオレンジ色が栄えて、なんともハロウィンらしいフォトジェニックなレシピになりそうです。

 


ESSE(エッセ)
Fujisan.co.jpより

 

探してみると、本当にさまざまなアレンジレシピが紹介されています。なかでも、この“おばさん”の声を聴くと(秋冬だな~)と思う動画を発見。そう、「クレアおばさんのシチューのひみつ……それは、ブイヨン!」でお馴染みの「クレアおばさんのクリームシチュー」です。

 

 

クレアおばさんがYoutuberに!? ①こんがりオバケの星空シチュー

 

同商品のキャラクターであるクレアおばさんの「YouTuber はじめてみたの♪」という一声から始まるレシピ動画では、毎週1本ずつ、10月下旬にかけてハロウィン仕様のクリームシチューレシピが公開されるそう。現在、「こんがりオバケの星空シチュー」「ミルフィーユ山のオバケウインナー」の2編がアップされています。

 

すでに、グリコキッチンのサイトでは、「オバケパプリカのファルシーシチュー」のレシピが公開されており、順に動画にアップされるのではないでしょうか。

 

 

いずれのレシピも特別なものは用意せず、近所のスーパーマーケットや、普段から家庭にある道具や素材で作れそうなレシピです。筆者が個人的に気になったのは、「こんがりオバケの星空シチュー」動画。牛乳パックを切って再利用した“おばけの型ぬき”です。

 

 

100均一などでもカボチャランタンや、お化け(幽霊)の型が手に入りますが、パッケージを再利用とは…無駄がなくてエコですね。

 

発売元のグリコによると、10月31日は「クレアおばさんのシチューの日」だそう。今回のハロウィンレシピのコンセプトは、<野菜をおいしく食べることができる>、<子どもと一緒に作って楽しめる>の3点。

 
※「ミルフィーユ山のオバケウインナー」はキャベツとウィンナーをメインにしたレシピ。

 

10月31日までに、合計6編のレシピ動画を公開予定だそうなので、今後、どのようなハロウィンレシピを紹介してもらえるのか気になるところです。

 

 

②ミルフィーユ山のオバケウインナー

 

さて、ハロウィンまで残すところ約1ヶ月。夜はお友達とパーティー? それとも、家族水入らずでの晩御飯? いつもの夕飯に少し工夫をして、ハロウィンナイトを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

関連記事リンク(外部サイト)

大人こそ食べるべき!“栄養満点”懐かし給食メニューを再現
オザケンも参戦!大人が楽しむハロウィン絵本が重版出来!
芸術の秋。デートでハズレの可能性が極めて低い美術館とは
【敬老の日】60歳以上のお客様限定。朝マック「ソーセージマフィンコンビ」をプレゼント!
賛否両論で注目のJアラート、情報の受け手はどんな姿勢で受け止めればいい?

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy