ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『アバター』続編、初の場面写真と新たな出演者が明らかに


9月25日(現地時間)、カリフォルニア州マンハッタンビーチで映画『アバター』続編の撮影が開始されたのに続き、米20世紀FOXは、最新作の出演者と場面写真を公開した。

サリー家のメンバーには、ジェイミー・フラッターズ、ブリテン・ダルトン、トリニティ・ブリスが加わる。メトカイナ族の新たなメンバーには、ベイリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、デュアン・エヴァンス・Jrが名を連ねる。ジャック・チャンピオンは、ヘルズ・ゲートで生まれた人間のティーンエイジャー、ハビエル・“スパイダー”・ソコロ役を演じる。ハビエルはヘルズ・ゲートのアスファルトよりも、パンドラの熱帯雨林で過ごす時間を好む。

映画『アバター』シリーズは今後4本の続編の公開を控えており、2020年12月18日に映画『Avatar 2(原題)』が米劇場公開となる。続いて2021年12月17日に映画『Avatar 3(原題)』、その3年後の2024年12月20日に映画『Avatar 4(原題)』、映画『Avatar 5(原題)』は2025年12月19日に米劇場公開を予定している。

2016年に開催されたシネマコンでジェームズ・キャメロンは、『アバター』の4本の続編を製作し、2018年から劇場公開すると約束した。2009年に公開され、全世界で28億ドルもの興行総収入を記録したオリジナル版映画『アバター』のクリエイターであるキャメロンは、当時彼が抱いていた作品のビジョンが大幅に拡大したと語った。

2016年にキャメロンは、当初は2本の続編を想定していたと語ったが、脚本家やアーティスト、デザイナーと会った後、わずか2本の続編に対する題材が多すぎることに気づいたという。その後キャメロンは、3本の続編を製作することにしたが、最終的に続編は4本にまで跳ね上がった。

キャメロンとジョン・ランドーは、製作会社ライトストーム・エンターテインメントを通してプロデュースを手掛ける。ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、シガーニー・ウィーヴァー、CCH・パウンダー、スティーヴン・ラングは『Avatar 2(原題)』に再演する。また現時点で役柄は未定だが、テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のウーナ・チャップリンの出演が最近決まった。

脚本は、キャメロンがジョシュ・フリードマン、リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、シェーン・サレルノと共に執筆した。

写真は以下。

写真左から:ジャック・チャンピオン(ハビエル・“スパイダー”・ソコロ役)、トリニティ・ブリス(サリー家の長女で末っ子のTuktirey役)、ベイリー・バス(メトカイナ族のTsireya役)、ジェイミー・フラッターズ(サリー家の長男のNeteyam役)、ブリテン・ダルトン(サリ一家の次男のLo’ak役)、フィリップ・ジョルジョ(メトカイナ族のAonung役)、デュアン・エヴァンス・Jr(メトカイナ族のRotxo役)

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。