ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SHISHAMO、最後の恋愛相談に「別れちゃえば?」

SHISHAMO、最後の恋愛相談に「別れちゃえば?」
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(火曜担当ナビゲーター:SHISHAMO)。9月26日のオンエアは、SHISHAMOがナビゲートする最後の「SPARK」になりました。

ラストといっても、SHISHAMOらしく、いつも通りにお届けするのが一番なのではないかということから、通常のようにメールを紹介していきました。まずは「SHISHAMOの皆さんの最近の口癖があれば教えてください」という質問から。

松岡:口癖とはちょっと違うけど、私は関西出身なんで関西弁が出るんですけど、特にこのところ、関西弁がすごくよく出るんです。
宮崎:放送の時は標準語だけど、いきなりコッテコテの関西弁が出るよね。
吉川:私の場合は、スタジオとかで準備をしながら「ねぇ、聞いて!…やっぱいいや」って言って、最終的に全部話す…(笑)。
宮崎:私は何を見てても羨んじゃって、「いいなー」っていうのをすごく言う。良くないなとは思ってるけど。

と、三者三様の話が飛び出しました。さて、これまでに届いたメールの内容を3人で改めて振り返ると、やはり恋愛にまつわる相談が多かったという結論に。中には理解できないような相談も多かったそうで…

宮崎:「え? それってどういうこと?」って思うような相談も多かったよね。「15歳で、そんなに早いの?」って思うような人がいる反面、「25歳でそんなにピュアなの!?」っていう人がいたりとか…
吉川:フザけた男性の話が多かったよね…。
宮崎:納得いかない点は多かったね。
松岡:私は、悩んでいる子が多いんだなって思った。
宮崎:若い子の悩みって恋愛のことがほとんどじゃん。「だからSHISHAMOの曲を聴いてるんだな」っていう事がよく分かって、「SPARK」があったから、少なからず力にはなれたんじゃないかって思ったよ。

そこで、この日も恋愛に関する相談に答えました!

「自分のことを好きになった男の人がいました。付き合ったら好きになるかもしれないので、付き合いました。付き合った時は、電話をしたり、すごく楽しかったけど、遠距離恋愛で向こうも忙しくて、会えなくなりました。『これから忙しくなるから、別れるのもあり』と言われました。私には、忙しいから別れるという意味がよく分かりません」

宮崎:この男が本当に自分のことが好きで、これからもやっていきたいと思ってる時に出る言葉かどうか、って考えたら、私たちにメールしなくても分かるよね? 男っていうのは、こうやって言い訳をするものだよね。その言い訳の裏に隠れてる言葉を分かってあげないと。
吉川:「俺といても、お前は幸せになれないよ」っていうことだよね。
宮崎:そうそう。だから別れてもいいんじゃない? 付き合っていきたいっていう気持ちがどっちにもないじゃん。

と、最後もしっかりとSHISHAMOらしいアドバイスを送っていました。そのほか、SHISHAMOの歌詞にまつわる質問に答えたり、「SPARK BOX」で紹介してきた作品を振り返ったりと、賑やかなうちにSHISHAMOの「SPARK」は幕を閉じました。SHISHAMOの放送は終わりましたが、10月25日(水)には、ニューシングル「ほら、笑ってる」が発売されます。今後の活動からも目が離せないですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy