ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【THE PINBALLS】 『THE PINBALLS presents “REVISIT”』 2017年9月15日 at 下北沢SHELTER

 めっちゃタフになったと思う。THE PINBALLSが7月から3カ月連続で月1回開催してきた自主企画2 マンライヴ『REVISIT』。その最終回のライヴを観て、そう実感した。
 (okmusic UP's)

 この日の対バンは、尾形回帰(Vo)率いる4人組ロックバンド、HERE。“尊敬できる先輩”と彼らを紹介したTHE PINBALLSの古川貴之(Vo&Gu)は、ライヴを観てHEREのことを好きになったという。そのHEREは2日前にリリースしたばかりの4thアルバム『YOU GOT 超 HIGH TENSION』からの新曲も交えながら、自ら掲げる通りハイテションのパフォーマンスを繰り広げた。目にも鮮やかなカラフルな衣装を身に纏い、観客を巻き込みながらお祭り騒ぎのような盛り上がりを作るバンドと対バンすることを、以前のTHE PINBALLSだったらもしかしたら得意ではなかったかもしれない。しかし、“行くぞ! 何も考えずにやるぜ!”と古川が雄叫びを上げ、「劇場支配人のテーマ」から演奏に雪崩れ込んだこの日、筆者が以前感じた意識みたいなものは、これっぽっちも感じられなかった。そもそも、自分たちのレコ発ライヴが近いため、この日の出演を躊躇していた尾形を口説き落としたのも古川だったという。だからと言って、THE PINBALLSのライヴのやり方が変わったわけではない。時折、“俺たちは絶対に降りない!”“今日は心ゆくまで歌いたいんだ!”と曲やこの日のライヴに込めた想いを古川が曲間に叫ぶだけで、HEREのカラフルな衣装とは対照的に黒いスーツでキメた4人の男たちがただひたすらにロックンロールを畳み掛けるという意味では以前と何ら変わらない。

 それでもタフになったと感じられるのは、ステージの4人に自信が漲っているように観えるからだ。昨年11月にミニアルバム『PLANET GO ROUND』をリリースした時、古川は“しんどい時もあるけど、ゆっくりでもいい、地道にやっていけばいいと思えるから、前みたいに弱くない”と語っていたが、その想いはその後、ライヴを重ねながらどんどん強いものになっていったようだ。今の彼らにはちょっとやそっとのことではびくともしない力強さがある。最初は掲げた手を振ることに懸命になっていた観客もいつしかバンドの熱演に心を奪われ、ステージの4人を食い入るように見つめていた。

 中盤、“バンドを11年やってきて、ようやく好きになれたライヴができるのは目の前にいるみんなのおかげです”と感謝の気持ちを込め、「あなたが眠る惑星」をファンに捧げたが、この日はもうひとつ、アンコールを求める声に応え、ステージに戻ってきたバンドから12月6日にリリースするミニアルバム『NUMBER SEVEN』でメジャーフィールドに進出することが発表されるという嬉しいプレゼントもあった。

 大きな拍手の中、客席から飛んだ“おめでとう!”の声に“反応が思っていたのと違った”と古川は顔をくしゃくしゃにして泣くのを堪えた。地道にやっていけばいいと覚悟を決めたら道が開けた。バンドは早速、『NUMBER SEVEN』から新曲「七転八倒のブルース」を披露。もちろん、新作にはいろいろな曲が収録されると思うが、メジャーデビューが決まって、まずファンの前で演奏した曲がアグレッシブなロックンロールというところが頼もしい。つんのめるようなイントロのシャッフルのリズムも新しかった。もちろん、『NUMBER SEVEN』のリリースが今から待ち遠しい。
取材:山口智男
セットリスト
1.劇場支配人のテーマ
2.ヤードセールの元老
3.アンテナ
4.欠ける月ワンダーランド
5.沈んだ塔
6.朝焼けの亡霊
7.十匹の熊
8.あなたが眠る惑星
9.片目のウィリー
10.毒蛇のロックンロール
11.くたばれ専制君主
12.ママに捧ぐ
13.イーブルスター
14.真夏のシューメイカー
<ENCORE>
1.七転八倒のブルース(新曲)
2.20世紀のメロディ
THE PINBALLS
ザ・ピンボールズ:4人組ロックバンド。古川貴之(Vo)、中屋智裕(Gt)、森下拓貴(Ba)、石原天(Dr)。

2006年埼玉で結成。物語のような楽曲と泥臭いライブパフォーマンスで、大陸から遠く離れ残された島で生き続ける生物のように、ガレージともロックンロールとも形容しがたい独自ロックサウンドで進化の道を歩き続けている。「SUMMER SONIC」など数々のフェスやイベントにも出演し、アニメ「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」第3話のエンディングテーマを手掛け、楽曲が大きな話題となる。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy