ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

曽我部恵一/篠原ともえ/和田唱/安藤裕子/吉澤嘉代子ら“月”にまつわる楽曲コメント到着! 14時間30分のラジオ番組10/4放送 #MoonMusic

曽我部恵一/篠原ともえ/和田唱/安藤裕子/吉澤嘉代子ら“月”にまつわる楽曲コメント到着! 14時間30分のラジオ番組10/4放送 #MoonMusic

 ラジオNIKKEIは、2017年10月4日 朝8時~22時30分までの14時間30分にわたる特別番組「月桂冠presents 月見酒の日『MoonMusic1004』」を放送。今回、本番組の放送に先駆けて、番組にコメント出演する、“月”にまつわる楽曲を持つゲストアーティストから、スペシャルコメントが到着した。

<アーティストコメント>

・田島貴男(オリジナル・ラブ):
月はあがっていたら見るようにしています。空に浮かんでいるでっかいものが好きなのかもしれない。あと、月という言葉とか映像を自分の楽曲に使うことが多いです。
「月に静かの海/田島貴男(オリジナル・ラブ)」

・やついいちろうさん(エレキコミック):
寒くもなく暑くもない秋の夜長っていいですよね。犬の散歩の時に、必ず月を見て写真を撮っちゃったりするんです。サニーデイ・サービスの曽我部さんが僕のやっているイベントの為に作ってくれたテーマ曲が、中秋の名月にぴったりです。
「月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げる/エレ片・曽我部恵一BAND・NONA REEVES・SCOOBIE DO・THE ポッシボー・Negicco」

・曽我部恵一(サニーデイ・サービス):
夜の海の浜辺で月を見たことがあります。水平線に月が上がって白く照らされる風景を見ると、太古から景色が変わらないんじゃないかなと思ってロマンチックな気持ちになる時があるんです。
「Pink Moon/Nick Drake」

・MEGUMI(女優):
中秋の名月は美しく、日本って素敵だな、という気持ちにさせてくれます。
「月 ~sound jammer せやな~/10-FEET」

・篠原ともえ:
高校生時代に天文部に所属しており、昔から天体観測をよくしてました。星は「眺める」、月は「浴びる」というイメージです。力をもらえるお月さま、そんな月に届けた恋の歌です
「++ KiMi Wa Moon ++/篠原ともえ」

・和田唱(TRICERATOPS):
月にまつわる曲は僕らの曲にもあるのですが、パッと思いついたのがSTEVIE WONDERだったんです。1番新しいアルバムに入っている「MoonBlue」という曲がほんとにほんとに良い曲ですてーびーにしか作り出せないメロディラインで、羨ましい。すごく綺麗な曲なんです。

・安藤裕子:
私自身、太陽よりも月だねと例えられることが多いタイプの人間です。なので、月に合いそうな曲となると、自分の曲が結構思い浮かびます。「つき」というお酒のCMで使って頂いた「のうぜんかつら(リプライズ)/安藤裕子」過ぎた夏を思い出している曲で、秋のお月見のそばで聴いて頂けたら。

・土岐麻子:
わくわくするような、月に向かっていくようなポジティブなパワーがある、Beverly Kenneyバージョンの「Destination Moon」が好きです。

・須藤理彩(女優/MoonMusic1004メインパーソナリティー):
最近SNSで、決まってイイねを押すのが富士山。もう一つが「月」の写真です。特に、陽がまだあるにもかかわらず、うっすら見える月が好き。ずーっと見守って居てくれている感じがして。中島みゆきさん「月はそこにいる」を聴きながら月を見ていると、小さな事でくよくよしてちゃダメだと、勇気がわいて来ます。

・山本舞衣子(フリーアナウンサー/MoonMusic1004アシスタントパーソナリティ):
「Blue moon blue / 今井美樹」、「月光 / B’z」「琥珀の月 / Dreams come true」、月を見ながら聞きたい3曲です。秋の風を感じながら月を見上げると、小さな幸せの中にふと憂いや後悔が。前へ前へを求められがちな世の中ですが、たまには月を見て立ち止まってみてもいい。長い人生ですから。

・RN2 番組ディレクター:
RAMJA の「月と遊泳」は、海に映るちょっと色っぽい月が思い浮かぶ曲です。

・栗林さみ(フリーアナウンサー):
ZARDを聴いてお酒を呑むとほろりと涙がでる年齢になりました。昔から人の一生に寄り添ってきた月。その魅力にわたしもじっくり浸りたいです。

・吉澤嘉代子
私の曲でも月をモチーフにした曲があるんです。「月曜日戦争」は、月と戦うOL戦士の宇宙物語というぶっ飛んだ設定。

・佐々木亮介(a flood of circle):
「Honey Moon Song」はお友達である、須藤理彩さんやイマイアキノブさんなど、俺の周りの人達の空気も閉じ込めた楽曲です。

・武市和希(mol-74)
お月見の時に僕が聴きたくなる曲は、小川七生さんの「月灯りふんわり落ちてくる夜」。アニメ「クレヨンしんちゃん」のエンディング曲だったのですが、寒くなってきた時期の月を眺めながら聴くにはぴったりです。

◎番組情報
『月桂冠 presents「月見酒の日MoonMusic1004」』
2017年10月4日(水)8:00-22:30
 うち 以下2番組は生放送
(12:00-14:00)「Click de ONAIR  SPECIAL MoonMusic1004 edition」
(17:00-19:00)「ムーンミュージックパレード」
番組提供:月桂冠株式会社
メディア:
・ラジオNIKKEI第2「RN2」(全国) 
・ラジコ(パソコン・スマホで聴く/全国)
・ラジコタイムフリー 放送後1週間、番組をお聴きいただくことができます
http://www.gekkeikan.co.jp/moonmusic/

関連記事リンク(外部サイト)

防弾少年団、スティーヴ・アオキとのコラボ作品が待機中
『SONGS スペシャル 星野源』でオンエアされる楽曲が明らかに
Chara「いい夢をみたいね」 25周年イヤー締めくくるツアーファイナルに愛息HIMIの姿も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。