ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生放送ミュージカル『レント』が米国で2019年に放送決定!

生放送ミュージカル『レント』が米国で2019年に放送決定!

米FOXが、『Rent/レント』の生放送ミュージカルの放映日を発表した。しかし、その日までは、まだ「52万5,600分」以上あるようだ。

今月25日に米FOXが発表した『レント』生放送ミュージカルの放映日は2019年の初旬だったので、まだまだ待たなくてはいけない。放映日は2019年1月27日で、第53回スーパーボウルのちょうど1週間前だ。アメフトファンにとって、NFL最大の試合であるスーパーボウルと同じように、本作は演劇ファンにとって非常に期待の高いミュージカルだ。ブロードウェイ版は高く評価され、多数のトニー賞とピューリッツァー賞を受賞した。

『レント』はプッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』から着想を得ており、ニューヨークに住む悩めるアーティストたちの姿を描いている。社会的、政治的問題を取り上げ、特にHIV・エイズを描いたことから画期的な作品として評価された。本作は1996年にブロードウェイでプレミアを迎え、そのキャストの何人かは2005年の映画版にも出演している。

今回の生放送ミュージカルは、『グリース・ライブ!』、『ラ・ラ・ランド』、『ウィキッド』を手掛けたマーク・プラットが製作総指揮を務める。製作陣にはアダム・シーゲル、ジュリー・ラーソン、アル・ラーソン、そしてレボリューション・スタジオのヴィンス・トチノ、スコット・ヘミング、マーラ・レヴィンが加わる。

生放送ミュージカル『レント』はアメリカにて、2019年1月27日、日曜日の午後7時(東部時間)から米FOXで放送される。今から待ち遠しい限りだ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ブロードウェイミュージカル版『アナと雪の女王』の画像が初公開

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。