ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・こやまたくや インタビュー 『他の人と違う発想を持つことで面白いものが生まれる』

アーティスト・こやまたくや インタビュー 『他の人と違う発想を持つことで面白いものが生まれる』 こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)取材_01 こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)取材_01今年ブレイク必至アーティストとして話題の“ヤバイTシャツ屋さん”(通称:ヤバT)。一度聴くと忘れられない秀逸なリリックが印象的。バンドで、ギター&ヴォーカル、そして作詞・作曲を担当する、こやまたくやさんにバイト経験や仕事観について伺いました。9月20日にリリースした新曲の誕生秘話にも注目です。

 

バンドの名付け親“パイナップル先輩”がタイトルに!

こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)取材_02

――いきなりですが、タイトルにある『パイナップルせんぱい』というのは……。

僕の大学の先輩に“パイナップル先輩”。通称・パインさんという人がいて、実はその人が、ヤバイTシャツ屋さんの名付け親なんですけど、すごく滑舌が悪くて「(真似をして)今度の日曜日、ヤバイTシャツ屋さん行きまーす」って。

――今のはめっちゃ似てるんですね(笑)?

はい(笑)。その人の名前をタイトルにしてみようかなということで決めました。ちなみに、パイナップル先輩にはタイトルになったことはまだ伝えてないんですけど(笑)。

――SNSでは、『たんぽぽ』もタイトル候補だったとありましたが(笑)。

そうなんですけど、さすがに伝わりづらいかなと思ってやめました。『たんぽぽ』は思考回路を8周したくらいのイメージで、『パイナップルせんぱい』はたぶん4周ぐらい(笑)。

――その『パイナップルせんぱい』のリード曲、「ハッピーウェディング前ソング」は、どのようなきっかけで生まれた曲ですか?

曲作りに煮詰まっていた時に、気分転換で、友達や後輩と一緒に遊んでいたんですけど、その時に“仲はいいけど、付き合ってはいない男女”がいて、その二人に向かって「キッス、キッス、入籍、入籍」って冷やかしていたんです。その時に“あ、これちょっと曲にできるな”と思って、そこから広げていった感じです。

――それを曲にしてしまおうという発想がすごいですね。

とりあえず冷やかしたかっただけなんですけどね(笑)。でも、“ノリで入籍してみたらええやん”っていうパワーフレーズが出てきたので、それをサビに持ってきて、でもそのうえで、やっぱりノリで入籍したら2年以内に別れるよなと思って(笑)。それを歌詞に入れてちょっと毒も混ぜつつ作っていきました。

――ミュージックビデオ(MV)はその歌詞の世界がストレートに描かれていますね。

ヤバイTシャツ屋さん史上初めて歌詞に沿った映像なんです。今まで歌詞に沿ってこなかったので、そろそろやってみようかと。芝居力も求められる内容なんですけど、メンバーもだいぶ見られる意識が出てきたのか、割といい感じに演じていましたね(笑)。

――そして、シングルと同時発売で1st LIVE DVDもリリースされますね。

過去最大キャパの自分たちのワンマンということで、緊張しているメンバーの姿が見られると思いますし、一番最初に寸劇があるんですけどそこも見どころです。曲がいっぱい入っているので、これを見てノリ方を知ってもらって、実際ライヴに足を運んでもらえればうれしいです。

 

割烹料理屋で働いていたころ、健康だったのは“まかない”のおかげ

こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)取材_03

――では、ここからはアルバイト経験についても聞きたいと思います。

はい。一番最初は、大学1年生の時に家の下にあったお寿司がメインの、割烹料理屋さんで働きました。家から近いところがいいなと思っていたら、家の下で募集していたので即決めました(笑)。そこでは、1年くらい働いていましたね。そのお寿司屋さんは時給が低い代わりにすごく豪華な“まかない”が出たんです(笑)。お寿司だったり、海鮮丼だったり……。だから僕、1年生の頃は食生活に恵まれていたので、すごく健康だったんです(笑)。

――普通に食べたらけっこうな値段になりそうな。

そうなんです。ただ、ある日店長が疲れていたのか、マグロのでっかい切り身が丸ごとドーンと出てきた日があって(笑)。まぁ仕方がないんで、自分で切ってご飯にのせて醤油をかけて食べました。味は美味しかったですね。それも含めて“まかない”が印象に残っているバイトですね(笑)。

 

細かい部分まで作り込むことの大切さを学んだ映像制作現場でのバイト

 

――その後、いくつかバイトを?

コンビニで働いたのと、映画の撮影現場にも行っていました。撮影現場では、監督の補助だったり、装飾美術的なことをやりましたね。けっこう大きな作品の現場だったので、ものすごく多くの人が動いていて、実際の現場のすごさを勉強しました。

――具体的にはどんなお仕事を?

監督のそばにいて絵コンテを映像に起こしたり、資料を作ったり、小道具を作ったりですね。だから、映画の仕上がりを観て“これ俺が作ったやつだ”っていうのもありますよ。年代の古い映画だったりすると、あえて家具を汚すので“あ、これ、俺が汚した棚や”とか(笑)。

――こやまさんは、先ほどのMVもそうですが、映像制作もされているので、そこで学んだことが今に生きているということもあるのでしょうか?

そうですね。すごい人数のスタッフが動くので、監督がしっかりしていないと成り立たないというのは感じました。あと、それぞれの部署がプロフェッショナルで、美術さんだと、なんでも自分で作っちゃうんですよね。棚が必要だとなったら、木を削って組み立てちゃうとか。時代劇的な映画だったので、買ってきたお皿に汚しを入れて雰囲気を出したり、引き出しの中も年代物をそろえたり。映っていない部分まで細かく作り込んでいると、全体のクオリティーが上がるんです。そういう一つ一つがすごいなと思いましたし、大切さを学びました。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。