ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本気で取り組み、着物をキャリアに。ろっこやオーナーろっこさんインタビュー

趣通信スタッフのちあきです。

モダンで大人っぽいテイストが人気の着物ブランド「ろっこや」のオーナーであり、はいかる糖花馬場装飾のブランド立ち上げを支援したろっこさん。率直なお人柄にファンの多いろっこさんに、着物との出会いから着物をキャリアとする生き方についてお聞きしました。

 

DSC09307

ろっこや代表 ハミルトンヒロコ

美容師、ヘアメイクを経て結婚を機会に着物学院へ通い、卒業後、フリーのヘアメイク着付け師、着付け講師を経験
2012年にろっこやwebshopを開設
モダンとトラッドを融合させた洗練されたデザインが人気のきものブランド・職人による伝統技術や産地とのコラボ商品他、カジュアルからフォーマルまでオリジナルデザインで発信
毎月最終週金曜~日曜をopen shop days

 

 

ブランドろっこやができたきっかけはカナダでの結婚式

かっく
私、実はスタイリストをしているんですが、数年前ろっこやさんに撮影用の衣装を借りに行ったのがきっかけで知り合ったんですよね。

 

ろっこ
はい、青い着物でしたよね。私のお気に入りなので選んでくださって嬉しかったです。

 

かっく
今は人気ブランドのオーナーとしてご活躍のろっこさんですが、ずっと着物のお仕事をされていたんですか?

 

ろっこ
いえいえ、20代は成人式で着たくらい。本格的に着物に取り組み始めたきっかけはカナダ人の夫との結婚式でした。

カナダで挙式をあげたのですが、参加者は現地の方が多いから着物を着たら喜ばれるだろうと思って振袖一式を持って行ったんです。ところが着付けしてくれるはずだった叔母が突然来られなくなってしまって。慌てて現地で着付けができる人を探し大使館にまで連絡しました。

DSC09122

バタバタしているところに、ふと主人から「どうして自分の国の民族衣装が自分で着られないの?」と聞かれたんです。

披露宴でも着物を初めて見る人がほとんどで歓声が上がったのですが、「この模様はどういう意味があるの?」「普通のキモノより袖が長いのはなぜ?」と質問されても何も答えられなくて。

それまで自国の伝統衣装に関心さえ持たなかったことを恥ずかしく思い、日本に帰る飛行機の中で「絶対に着物のプロになろう」と決心しました。

 

かっく
最初からプロになるつもりだったんですね。

 

ろっこ
はい。もちろんプロになれるのかどうかはわからない、でも失敗したとしてもやってみるべきだと思いました。一度「着物って、いい」と思ったのだから、挑戦しなければ後悔する。本気で取り組むべき波が来たと思ったんです。

ただその時はブランドを立ち上げるのではなく、着付けをしようと考えていました。

帰国後、早速着物を集め始めたのですが、私は背が高くてアンティークや古着ではなかなかサイズがないんです。そこで反物を買って仕立てようと思い和裁を始めました。縫製ができるようになると今度は染めや織りが気になって。着付けだけでなく、着物ができるまでの工程にすっかり魅了されてしまいました。

 

そこでオリジナル生地を作ったり、海外から仕入れた布で着物を作ったりして、自分の着物ブランドろっこやを立ち上げたんです。現在はwebショップのほか、百貨店やラフォーレで定期的にポップアップショップを開いています。

70726f647563742f69726f6d756a69332e6a7067003630300000660066

かっく
全くの初心者だった結婚式からブランドの立ち上げまで・・・。ろっこさんの真剣さが伝わってきます。

 

ろっこ
そうですね。私にとって着物は、魅力的であると同時に覚悟を持って取り組む波でした。そういう波は誰にでも来ますが、本気で取り組みたいと思ったらその波に乗ろうと決心できるか否か。後押してくれる人もほとんどいないことが多いので、自分で乗ろうと決めなくてはなりません。

特に「着物」という分野は必需品ではなく嗜好品ですし、一見敷居が高い。だからこそ私自身はキャリアとしても、もちろん趣味としても、これから着物に取り組みたいという人の後押しがしたいと思っていますね。

 

15歳で自立。今はたくさんの人に支えられてろっこやを運営している

かっく
実はろっこさん、10代半ばで独り立ちされたんですよね。

 

ろっこ
はい。私は15歳で自活を始め、最初はガソリンスタンドでも働きました。自分で稼いで、自分で生活して。誰も頼れないから一生自活できる職を、また働きながら資格を取得できる仕事をしようと思って美容師を目指したんです。学費を払いながら仕事をして、生活していくって大変だな、と思いましたね。

そんな風に決めた美容師という職は、自分にとってあくまで食べていくための仕事でした。やりがいはもちろんあったけれど、楽しいわけではなかったし、お客様も同僚もあくまで仕事上のお付き合い。楽しさや仲間を求めたこともなかったですね。自分で技術を習得して、自分で稼いで、誰のサポートもなく自立しているんだって思っていました。

プロとして取り組むことを決めた着物も、最初は一人きりで頑張ろうという気持ちでした。でも、実際に着物をキャリアにした今は、全く心持ちが違います。私の力だけではブランドろっこやの運営はできないんです。

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。