体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイコ・ル・シェイム、ツアーファイナルで新衣装のアー写公開

サイコ・ル・シェイム、ツアーファイナルで新衣装のアー写公開

 サイコ・ル・シェイムが9月24日に全国ツアー【Doppelganger ~ Next Generations ~】のファイナル公演を豊洲PITで行った。

サイコ・ル・シェイム ライブ写真(全7枚)

 この日最大の見せ場は、彼らの代表曲「REMEMBRANCE」後に訪れたサプライズ演出だった。ライブ終演かと思われたその時、客電が消灯。会場内が騒めく中、スクリーンに浮かび上がる赤い不吉な文字。

 不協和音のBGMと共に顔の見えないローブ姿の5人が暗闇の中で蠢きだす。そして映像の終盤に2018年全国ツアーの決定が発表されると会場内には悲鳴にも似た歓声が湧き上がった。

 ここでさらに第2のサプライズ演出。映像終了直後のステージは照明で真っ赤に染まり、あのローブ姿の5人が現れた。彼らはこの日PLC学園、Doppelganger、新衣装と三度衣装を身に纏いオーディエンスの前に登場した。

 次回ツアーのサブタイトルにもなっている「漆黒のゲルニカ」を演奏し、何も語らずステージを去って行った。最後には新衣装のアーティスト写真が公開され、その瞬間、場内のボルテージはこの日最高潮に達し豊洲公演の幕を閉じた。

 果たしてこの新衣装に秘められた真意とは、意味深なサブタイトルは一体何を表すのか、サイコ・ル・シェイムからの続報を待ちたい。

◎ツアー情報
【TOUR 2018 Doppelganger
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
~PLC学園 最期の48時間~】

03月03日(土)柏PALOOZA
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
03月04日(日)柏PALOOZA
~PLC学園 最期の48時間~
03月10日(土)HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
03月11日(日)HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
~PLC学園 最期の48時間~
03月17日(土)福岡DRUM Be-1
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
03月18日(日)福岡DRUM Be-1
~PLC学園 最期の48時間~
03月20日(火)岡山IMAGE
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
03月21日(水)岡山IMAGE
~PLC学園 最期の48時間~
03月24日(土)KYOTO MUSE
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
03月25日(日)KYOTO MUSE
~PLC学園 最期の48時間~
04月07日(土)名古屋ELL
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
04月08日(日)名古屋ELL
~PLC学園 最期の48時間~
04月14日(土)梅田クラブクアトロ
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
04月15日(日)梅田クラブクアトロ
~PLC学園 最期の48時間~
04月21日(土)新横浜NEW SIDE BEACH!!
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
04月22日(日)新横浜NEW SIDE BEACH!!
~PLC学園 最期の48時間~
04月28日(土)札幌cube garden
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
04月29日(日)札幌cube garden
~PLC学園 最期の48時間~
05月02日(水)盛岡change WAVE
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
05月03日(木)盛岡change WAVE
~PLC学園 最期の48時間~
05月05日(土)仙台darwin
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
05月06日(日)仙台darwin
~PLC学園 最期の48時間~
05月12日(土)豊洲PIT 第一部
~ゲルニカ団 漆黒の48時間~
05月12日(土)豊洲PIT 第二部
~PLC学園 最期の48時間~
<モバイルファンクラブチケット先行販売>
2017年09月24日(日)22時~2017年10月10日(火)23:00
<チケット>
二日通し(二回通し)券
11,000円(tax in.)
12,800円(tax in.)東京公演のみ
通常(単日)券
5,800円(tax in.)
6,800円(tax in.)東京公演のみ
一般発売:2017年12月10日(日)10時~

関連記事リンク(外部サイト)

サイコ・ル・シェイム ツアーファイナルでサイコ・ル・シェイム・オールスターズが登場!さらに新曲&映像化&来春ライブ発表!
元祖人気コスプレバンド サイコ・ル・シェイム 3794日ぶりの新曲で魅了
ゴールデンボンバーを爆破せよ! 視聴者参加型パフォーマンスを『ウルトラFES』で

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。