ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつもと違う時期の体調変化

もともとの体質で、体を温める漢方の薬を常用していないと中々生理が来なく、比較的若い頃から長年定期的に婦人科に通っていました。

発覚当時は同時に、周期の記録をとるため基礎体温を測る習慣が身についていました。

またそのため、私は日頃の少しの体調不良が生理周期により左右されていると把握できていました。

排卵時は頭が痛く、胸が疼き、ほどなくして落ち着くが、さらに生理が近くなると今度はPMS。その理解が前提にあった事と、そんな頃妊娠を希望していた事もあり、体調変化にはアンテナが行き届いていました。

ある日、排卵からまだ数日しか経っていない頃。

いつもならちょうど体調には影響がなく比較的元気な時期のはずであろう朝。

出勤時に車の運転中、危ないと感じるほどのめまいのような集中力のなさと判断力の遅延、低下、頭の朦朧感に違和感を覚えました。

過去にインフルエンザで高熱の時に自力運転で病院に行った時に感じた危なさと似ていました(笑)

ただ、頭痛は感じず、発熱というほどではないが体がやけに火照っている感覚。

いつもと様子が違うし、私の知っている私の生理周期での症状ではない事に不思議で仕方ありませんでした。 関連記事:突然目まいに襲われ妊娠してることが発覚!入籍3日後に知らせてくれた赤ちゃん

気付いた時にはその日その足でそのままドラッグストアで検査薬を購入、即自宅で検査していました。

本能的な直感と言うと大袈裟に思われるでしょうが、ピンときた、がしっくりきます。

なぜなら、その月のその時期は、ちょうどあまりに寝不足と不摂生が続いており疲れ切っている最中で、今月の妊娠は期待できないな、と思っていたからです。

それまでは、この時ほどの過労状態は回避しながら、酒タバコは減らし食事は…など気を配ってきていただけに。まさか今月はないよねって所でこれだけの体調変化。

むしろ過労でガタが出たのかなと考えるのが自然だったであろうに、その時の最初の予感は妊娠でした。

実はその日は、通常の検査薬を使ったので、排卵から数日では正しい結果を得られるはずもなく判断もできませんでした。

なのに確信めいたものがあり、その後さらに日を空けて2回検査。的中でした。

最初に検査した時、ごく薄い陽性反応の線が見えた気がしたから。

すぐにネットで画像投稿、陽性ですよね?と投げかけるも、誰もが陽性の線など何も見えない!と断言されてしまったのに、私には確実に見える…見えるぞ…と思いながらドキドキの1~2週間を過ごしていたのは、今となってはあの時期ならではの良い思い出です。 関連記事:この湿疹は小さな命の自己主張?! 妊活中に始まった痒みは全身に広がって…

娠期間中は様々な不安が絶えませんでしたが、この頃の妊娠の兆候~産婦人科での妊娠確定の時期までの、期待と緊張を抱えた一人複雑な胸中と喜びは、旦那にも誰にも知られない私だけの気持ち、思い出。

ずっとずっと、この時に芽生えた愛おしい気持ちの始まりを忘れないでいたい。

著者:まねきぬこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

生理予定日1週間前に内臓がグイグイ押されるような感覚・・・来たか妊娠!?
心の底から「お酒LOVE」の私なのに、突然美味しくなくなった! それは赤ちゃんからのサインだったかも…
引っ越しによる環境の変化でストレスフルに。こんな時に体調不良が続くのはなぜ…?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy