ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。

イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。

「歳をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから歳をとるのだ」-George Bernard Shaw 

ブランコに最後に乗ったのは、いつだっただろう?「Swing Table」と名づけられたテーブルを見て、そんな問いが頭をよぎった。子ども時代、仲間と一緒にブランコで様々なゲームをあみ出した。あの柔軟な発想力は「遊び」によってインスパイアされた。

ブランコ・テーブル。うん、悪くない。これなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを呼んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に戻って、クリエイティブで斬新なアイデアも生まれそうな気がするのだ。

職人による
オーダーメイド制

イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。

「Swing Table」は、すべてオーダーメイド制。サイズは、4人、6人、8人、10人、12人用と5タイプからチョイス。テーブルトップは、淡いウォールナットと濃いオークの2色。

木のテーブルは、公園を思い出させてくれるのでワクワクしてくる。また、ランプの有無も選べるとのこと。最後にインドアで使うのか、アウトドアで使うのかを選択してオーダーメイドする運びとなっている。イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。

作り上げるのは、イギリスの職人たち。なので、注文から納品までは、8〜12週ほどかかるとのこと。

価格は、参考までに4人用・ランプ無し・インドア用で約73万円。これを高いと考えるか、安いと考えるかは、あなた次第。さらに詳しい情報が知りたい人は、コチラから問い合わせてみよう。イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。イギリスの職人が作る「ブランコ・テーブル」。Licensed material used with permission by Duffy London

関連記事リンク(外部サイト)

テーブルや椅子に変身する「魔法の一枚板」がすごい!
もしも、電車のなかに「ブランコ」があったなら。
高度1,800mから、世界最大のブランコでスウィング!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy