ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウディ・アレンが愛した街ニューヨーク

ウディ・アレンが愛した街ニューヨーク
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAPPORO AINO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」。このコーナーでは様々な愛のストーリーと音楽をお届けしていますが、9月26日(火)のオンエアは、ウディ・アレンとニューヨークについて。

ウディ・アレンは、1935年生まれ。現在81歳で、現役の映画監督・脚本家です。年1作のペースで映画を撮り続けています。

ニューヨーク・ブロンクスで生まれますが、一家は何度も引っ越しを繰り返し、ブルックリンにも長く暮らしていました。オスカーを受賞した名作「アニー・ホール」には、自身が演じる主人公の男が、恋人と、故郷のブルックリンを再訪するシーンがあります。

ブルックリンも、クイーンズも、ブロンクスも、ニューヨークの一部。でもウディ・アレンにとってニューヨークといえば、昔も今も“マンハッタン”のことです。

彼が生まれて初めてマンハッタンに行ったのは1941年。

「6歳の頃、父親に連れられて行ったのが最初。地下鉄に乗って、42丁目の駅で降りて地上に出ると、そこには映画館が30軒くらいずらっと並んでいて、そんな風景を見たのは生まれて初めてのことだった。僕にとってのニューヨークはずっと変わらない。コール・ポーターが流れるあの頃のマンハッタンなんだ」(ウディ・アレン)

「マッチポイント」「それでも恋するバルセロナ」「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」…近年は、ニューヨーク以外の街を舞台に映画を撮ってきました。でも以前はずっと、“ウディ・アレンの映画”といえば舞台はニューヨークでした。かつてインタビューで、彼はこう言っています。

「家から歩いて行ける範囲で撮影したいんだ」

「あなたはもうニューヨークで撮らないの?」と記者に聞かれると、笑いながら「もちろん撮りたいさ! この街には今だって何百という物語があり、出来事があちこちで起きている。この街にはたくさんの素晴らしい景色、場所があるんだからね」

多くのウディ・アレンファンはきっと、もう一度、ニューヨークの物語を観たいと思っているはず。1979年の名作「マンハッタン」のような…。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy