ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。

「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。

家のリノベーションに当たって夫婦がリクエストしたのは、「シャイだけど好奇心旺盛な飼い猫のための家」。大の読書好きでもあるふたり、そして何よりも彼らの猫のために作られた家は、想像以上に猫むけの工夫で溢れていた!

大好きな本とかわいい猫。これは多くの人にとって、魅惑のコラボレーションに違いない。

猫本位だっていいじゃない。

「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO 壁一面に好きな本を並べて、その上を愛猫が通るのを眺める…幸せってこういうことを言うのかも。「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO 家のそこかしこに設けらているのは、「猫専用ロード」。猫さまはここから人間の様子をうかがうけれど、人間がこの道に立ち入ることは許されない。彼らのかわいさに屈し、大人しく掃除だけをすること。「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO 様々な高さの本棚は、じつは猫ロードへの階段でもある。「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO

おわかりいただけただろうか…カゴの左、床から猫がひょっこり!この仕掛け扉は2階の両端の部屋にあって、もちろん猫さまのプライベート仕様

猫の出入りを眺めながら枕元で本も読めるよう、ベッドの両脇についたライトも嬉しい。「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO 作業部屋。上は家主が物書きなどするための場所で、下は猫のためのフリースペースなんだそう。彼らの空間を棚で占めたりしちゃいけない。「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO 猫足バスタブにまで注目しちゃう。「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO,「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。Photo by Francis Dzikowski/OTTO

シャイな猫からしても構われすぎない、お互い同じ家にいながらそれぞれ自由に過ごせる心地よい空間。写真を見つつ暮らしを想像し、「あぁいいな、真似したい!」と悶えてしまったのは私だけではないはず。

いつか叶えたい夢の暮らしの参考までに、どうですか?Licensed material used with permission by Barker Freeman

関連記事リンク(外部サイト)

スタイリッシュ☆有名建築家たちが「猫ハウス」を作るとこうなる!
これが、「猫」との暮らしです。
【猫写真家が撮る野良猫シリーズ】愛を感じる「仲良し」編(5枚)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy