ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出産祝いは「何が欲しいか」聞くのが無難。せっかくもらったのに使わずに終わったモノとは…

f:id:akasuguope01:20170226083538j:plain

待望の第一子は男の子。友達や先輩からスタイやベビー服、オムツポーチなど様々な出産祝いをもらいました。どれも実用的なものばかりで凄く嬉しかったです。

なかには遠方の友達から「オムツケーキ」が届くなどのサプライズも。見た目もゴージャスで崩すのがもったいないくらい。ぬいぐるみや名前入りのタオルも付いていてユニークなお祝いでした。

改めて人からお祝いされることって本当に幸せなことだな、としみじみ感じました。

今すぐ使えるタオルなどは凄く実用的。消耗品である紙オムツも無駄になりませんでした。また案外嬉しかったのが親子で使用できる高級な「ベビーオイル」です。お祝いでもらわなければ、買うことはなかったであろう商品でした。値段だけあって、使い心地が良かったのを覚えています。

ベビーオイルをくれた友達は育児を経験している3児のママ。自分で使って良かったと思うものを選んでくれたようです。こういった気遣いも嬉しかったです。 関連記事:出産祝いでうれしかったのはスタイや靴など。困ってしまったものは…

お祝い品はどれも嬉しい。その気持ちに変わりはないのですが、なかにはちょっと残念だったな・・・と思うモノも正直ありました。

まずはお祝い品が重なったオムツポーチ。どちらもデザインは違って可愛いのですが、実際には一つしか使わなかったのでもったいなかったです。

そして意外とベビー服もサイズアウトして全く着れなかったものもあったんです。せっかくもらったのに残念でした。またデザインが自分好みでなかったり、ハイブランドのベビー服は着る機会が見つけられなかったり。結局は新品のまま誰かに譲った洋服もありました。買ったら高い洋服なのに、手離すのが悲しかったです。

こうした経験から誰かに出産祝いをあげるときは、「何が欲しいか聞く」のが無難だなと痛感しました。

なら出産祝いで何が一番嬉しいの?と聞かれるとすれば・・・正直言うと「現金」だったりします。出産祝いは断然育児アイテムが多かったですが、なかには現金を包んでくれた友達もいました。

現金だとわが子に貯金できるので、一番有り難かったかもしれません。お祝い金をもらったら育児用品に費やすのではなく、子どもに貯金したい。こうした親心は私だけではなく、他のママたちも一緒ではないかと思うんです。

なので私は友達の出産祝いはリクエストがない限り、なるべく現金で統一することにしています。もらった側も自由に使うことができ、嬉しくない要素がないと思います。 関連記事:洋服、お菓子、ベビー寝具。でも本当にありがたかった出産祝いは…◯◯◯!

f:id:akasuguope01:20170224105756j:plain

著者:カナタム

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳、6歳

おっとり娘3歳とやんちゃ盛りの息子6歳のママです。何度言っても話を聞かないなど、赤ちゃん時代とは違った悩みがたくさん。その反面、家族やお友だちへの思いやりが見えるなど成長も感じているこの頃です。完璧なママになろうとするほど疲れるので、ズボラなママを目指してます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

出産祝いでうれしかったのはスタイや靴など。困ってしまったものは…
第一子と第二子で必要な物は違う?長女の時と次女の時、我が家がもらった出産祝い
大好きなおばさんにもらった手作りの授乳ケープとおむつ替えシートに大助かり

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy