ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WOMAN IN LA ISSUE : Interview with Monica Rayes

NeoL_Monica | Photography : Dan Monick NeoL_Monica2 | Photography : Dan Monick

アート、音楽、ファッションーーLAカルチャーが再び注目を集めているなか、NeoLではLAを拠点として活躍する女性クリエイターに焦点を当て、それぞれのキャリアや作品について、そして都市の魅力を聞く小特集を敢行。第三弾はファッションのクリエイティヴ・ディレクター/コンサルタントとして活躍するMonica Rayesピックアップ。

– LAにどれくらい住んでいるの?

Monica「11年くらい住んでいるわね」

– LAではどんな仕事をしているの?

Monica「衣装スタイリストと、新しく立ち上げるファッションブランドのクリエイティヴ・ディレクター兼コンサルタントとして働いているわ。あと、ファッションとは別のフィールドの様々なブランドのマーケティングやソーシャルメディア発信なども手掛けているの」

– なぜ今の仕事を始めたの?

Monica「スタイリストは2010年から始めたの。本当にたまたま始めて、そのままずっと続けちゃった感じ。2007年か2008年頃は、LAのダウンタウンにあった複数のブランドのショールームで働いていたんだけど、それから数年後に、いくつかのブランドは高い可能性を秘めていると気付いたの。それで、その時にそういうブランドのためのルックブック用の写真撮影とスタイリングをして、マーケティングツールを用意して、ブランドがもっとフックアップされるように仕立てる目標を立てたわ。何より大切なのは、展示をしてそのシーズンを成功させて、次のコレクションに繋がるようにすることだった。そのうちクリエイティブディレクション、マーケティング、ソーシャルメディアが提携するようになって、私自身、直感的なスキルを磨かないといけなくなったの。私は何よりもブランドの成功に重きを置くから、私が出来ることは何か、どうしたら最も効率的に出来るかをブランドとチーム、両方のために考えないといけないのよ」

– 今の仕事のどんな部分が好き?

Monica「尊敬するクリエイターたちに出会えて、お互いに対する同じ愛情と尊敬をシェアできることね。常にインスピレーションをもらっているわ」

– あなたのパートナーである写真家のDan Monickからのアドバイスやアイディアを取り入れたりする?

Monica「もちろん。しょっちゅうよ。たまに、自分のプライドが邪魔してすごく頑固になっちゃうけど。Danは素晴らしいアーティストで、予期しない場所に美しさとユーモアを見出せる才能を持っていて、そういうところが本当に素晴らしいと思うわ。彼は、大小様々なレベルのプロダクションを手掛けているから、もし私が何か疑問から抜け出せなくなると、Danにアドバイスを求めるの。彼が私にくれた最高のアドバイスがいくつかあって、彼はいつも私に『信念を持て』と、『愛に生きろ!』と言い聞かせてくれるの。すごくシンプルだけど、私は忘れがちだから。他には『自分自身が何を求めているか考えろ』ということと、『自分に何が必要か問い正せ』ということかな」

– LAのどんなところ、またどのエリアが好き?

Monica「Echo Park!なぜなら私が住んでいるから!!!LAの隅々、本当に色んな場所に住んだけど、LAのEast Sideより良い場所はLAの中にないと思う」

– LAのオススメは?

Monica「う~ん、なんだろ、全く分からないな。LAは常に移り変わっているから。でも、習慣から抜け出せない類いの人間の視点でいうと、レストランのオススメは、Echo ParkのSunset Blvd.にある『Sage』、Atwater VillageのGlendale Blvdにある『Viet』かな。大好きなトルコ人の友達が『Viet』で働いてて、たまにラモーンズのプリントTシャツを着てるんだけど、それが何なのかは知らないって言っていたわ(笑)。とても良い場所なの。あと、Atwater VillageのGlendale Blvd.にあるCash Machine Galleryは素晴らしいポップアートの展示会をよくやっているわね。知識として知っとかなきゃいけない類いの場所ね! 同じくGlendale Blvd.にあるAlias Book Storeはこのお店に行かない限りなかなか見つからないコレクターエディションの本がたくさんあるわ。エルセレーノの Alhambra AveにあるNow Shop x Now Space galleryは、大きなアートギャラリーを経営している女性がオーナーなんだけど、ビンテージの家庭用品が店頭にあって、すごくユニークなものを見つけることができるわ」

– どんなものやどんな人からインスピレーションを受けたりするの?

Moncia「ぎこちない、合間の瞬間。窓から差し込む自然の光と影、少し離れた所にある風に吹かれて葉っぱが揺れてるヤシの木々、静かな早朝、マジックアワー(日が落ちた後の数十分程度の薄明の時間)、満月、人間のおかしな行動、長時間のハイキング、砂漠を横切るロードトリップ、基本的に自然とそれに伴って起きる事柄かな。自然の中に存在する孤独は神の声を見つけ出す手助けをしてくれるの。人でいったら、ヨウジ・ヤマモト、柴田あゆみ、川久保玲、イッセイ・ミヤケ、パティ・スミスのようなパフォーマンスアーティスト、Pj Harvey、草間彌生、Kathe Kollwitz、Andy Warhol、Pina Bausch、Nick Cave、The Savages、Dan Monick、Sally Yates、Michelle Obama、Elizabeth Warrenのようなパワーとインスピレーションを与えてくれる女性達」

– 最近何にはまっていますか?
Monica「毎日をもっと静かに、もっと集中して、シンプルな暮らしにするよう磨き上げることね」

Monica Rayes : http://www.moonreyes.com/

photography Dan Monick
text by commune

– How long have you lived in LA.

I have lived in Los Angeles for about 11 years.

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。