ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆、1年前と性格が変わった?

吉岡里帆、1年前と性格が変わった?
J-WAVEで放送中の番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:吉岡里帆)。9月24日(日)のオンエアでは、ゲストにディグラム・ラボ株式会社代表取締役で、リサーチ・プロデュサーの木原誠太郎さんをお招きしました。

木原さんは性格診断「ディグラム」の開発者として、現在、メディアを中心に活躍されています。早速ですが、このディグラムとは、一体どのようなものなのでしょうか?

木原さんは「これは心理学と統計学を掛けて人の性格を分析していく、という分析法です。一見、自分が気がついていなかった行動だったりとか、性格とか、そういうものが一目瞭然でわかります。自分の気持ちを「見える化」するのがゴールです。『(自分の性格の)こういうところを変えたいな』と思った時に、『じゃあ、この部分を変えよう』ということがわかるような、心の人間ドックみたいなものですね」と説明します。

そして、ディクラム診断を受けたことがあったという吉岡は「本当に面白いですよね。人とのコミュニケーションを円滑にしたり理想の自分に近づいていくためのツールとして使える。『自分の性格は生まれ持ったものだから変わることなんて無い』と思っていらっしゃる方もいると思うんですけど、そんな自分の殻を破りたいという人には、ぜひやってみて欲しいですね」と話していました。

木原さんによると、人間の性格は良い事、嫌な事など日々の出来事の中で変化しており、「1年の内に75.5%の人が性格が変わる」とか。そこで、今回は改めて吉岡の性格をディグラム診断してみました! 以前診断を受けたのは、2016年9月だという吉岡。性格は変わっているのでしょうか?

木原:前回は「優しいんだけど、優柔不断な大和撫子性格」だったんですよ。でも今回は、「優しさは変わってないんですけど、ちょっと自分に自信を持ち始めたジャンヌ・ダルク」。
吉岡:戦う女になってきたんですね(笑)。
木原:でも、基本的には母性は満点なんです。優しさに満ち溢れてる性格。でも論理性が低いですね。直感で全部やっちゃう(笑)。
吉岡:そうかもしれないです。結構、感覚で生きてきてますね。
木原:そういう意味では、より良くするためのチューニングの仕方があって、それは「ひとつの事にこだわりを持つ」こと。いまは厳しさがちょっと低いんですよ。いい意味でみんなに合わせるのがうまい性格だと思うんですよね。
吉岡:確かにいろんな仕事をやらなきゃいけなくて、いっぱいっぱいにならないためにも、その媒体に合わせなきゃ、とは思ってますね。

木原さんによる鋭いディグラム診断に、思わず心中を明かす吉岡。そんな吉岡に、木原さんは性格を良い方向に変えるためのアドバイスをしていました。

木原:お腹から声を出すと、厳しさとかこだわりって上がるらしいですよ。
吉岡:そんなことで!?
木原:日常の行動と性格って、結びついているので、これは結構大事です。本当に思った時は大きい声で言ってみる。そうすると自分の立ち位置がしっかりしてきます。あと、この性格の人ならヨガとかやったら良いですね。それも、しっかりと自分を見つめる。軸を1本通すように。自分の軸をしっかり持つのがものすごく心地よくなる性格です。
吉岡:勉強になります。ちょっと救われました、私。なんか明確になった気がします。お腹から声だそっ!

みなさまもこのディグラム診断を使って自分の性格を「見える化」してみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「UR LIFESTYLE COLLEGE」
放送日時:毎週日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。