ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人が意外と知らない、世界遺産大国ドイツの美しい世界遺産おすすめ8選

ドイツの世界遺産といえば、まっさきにケルン大聖堂を思い浮かべる人が多いかもしれません。

ところが、ドイツは全部で42の世界遺産を保有する世界遺産大国。ケルン大聖堂のほかにも魅力ある世界遺産がたくさんあります。そのなかから、選りすぐりの8遺産をご紹介しましょう。

アーヘン大聖堂

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
ケルン大聖堂ばかりが注目されがちですが、アーヘン大聖堂もケルン大聖堂に負けない歴史的価値を持つ壮大な大聖堂。その証拠にアーヘン大聖堂は、1978年に世界遺産に登録された、最初の世界遺産のひとつなのです。

カール大帝が786年に建てた宮殿教会がアーヘン大聖堂のはじまりで、814年にカール大帝が死去すると、皇帝の遺体はここに埋葬されました。

さらに、936年から1531年にかけてのおよそ600年間に、30人の神聖ローマ皇帝の戴冠式が行われたこともあって、アーヘン大聖堂は「皇帝の大聖堂」とも呼ばれています。アーヘン大聖堂はドイツに数ある聖堂のなかでも、特別な存在なのです。

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
(C) Haruna Akamatsu

古典主義やビザンティン様式、ドイツ・ロマネスク様式などが混在したアーヘン大聖堂。内部に足を踏み入れると、天井を覆う黄金色のモザイクや、重厚なアーチの数々に圧倒されます。カール大帝の即位600年を記念して造られた、25メートルのステンドグラスがはめ込まれた礼拝堂「ガラスの家」も圧巻の美しさ。

他に類を見ないほど独創的で荘厳な空間は、「皇帝の大聖堂」の名にふさわしい威容です。

ロマンティック・ライン(ライン渓谷中流上部)

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
ドイツを代表する景観のひとつが、「ロマンティック・ライン」の名で知られるライン渓谷中流上部。全長1300キロを超える「父なる川」、ライン川のなかでも特に美しいとされているのが、マインツ・コブレンツ間のおよそ65キロの区間です。

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
「ラインの真珠」と呼ばれる可愛らしい町・リューデスハイムで散策や名物のワインを楽しんだら、いざライン川クルーズへ。船上からは、緑豊かな森と数々の古城が織り成す「これぞドイツ」といった絶景が楽しめます。

途中下船して街歩きを楽しむもよし、城を訪ねてみるのもよし。夜はロマンティックな古城ホテルに泊まって、ドイツの旅ならではの特別なひとときを過ごしたいものです。

ベルリンの博物館島

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
ドイツの首都・ベルリンは、アートシティ。シュプレー川の中州には、5つの博物館が集結した「博物館島」があります。

5つの博物館とは、古代ギリシアやローマ、バビロニアなどの巨大遺跡がそのままのスケールで展示された「ペルガモン博物館」、ベルリンの至宝「王妃ネフェルティティの胸像」をはじめとする古代エジプト美術を展示する「新博物館」、中世以降の宗教彫刻やビザンチン芸術などを所蔵する「ボーデ博物館」、18世紀から20世紀のドイツ絵画やフランス印象派絵画などがそろう「旧ナショナルギャラリー」、古代ギリシアやローマ時代の彫刻が並ぶアンティーク・コレクションを有する「旧博物館」。

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
なかでも必見なのが「ペルガモン博物館」で、その展示の壮大さには圧倒されること間違いなし。規模も大きいため、歴史好きならここだけで一日過ごせてしまうかもしれません。

30以上の施設に入場できるお得な「ミュージアムパス」を活用しながら、歴史と芸術の世界にどっぷりと浸かってみては。

バンベルク市街

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
ドイツには、歴史的な街並みがまるごと世界遺産に登録されている場所がいくつかあります。そのひとつが、「バイエルンの真珠」と称えられるバンベルク。1007年、のちに神聖ローマ皇帝となるハインリヒ2世が司教座を置いたことにより、キリスト教の街として発展しました。

ドイツの都市の多くが第2次世界大戦の被害を受けたなか、奇跡的に無傷で残ったバンベルクの旧市街は、1000年以上ほとんど変わらない情緒あふれる街並みを残しています。

ドイツ屈指の文化遺産として名高い大聖堂をはじめ、こぢんまりとした街は、壮麗な歴史的建造物でいっぱい。

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
一方で、カラフルな木造家屋が並ぶ、レグニッツ川沿いの「小ヴェネツィア」と呼ばれる地区を歩けば、素朴で優しい風景に心がふっとなごみます。

観光の合間には、バンベルク名物の燻製ビール「ラオホビア」や、ラオホビアを使った郷土料理を楽しんで。

レーゲンスブルク旧市街

日本人が意外に知らない、世界遺産大国・ドイツの美しい世界遺産8選
ドナウ川のほとりに広がる2000年の古都・レーゲンスブルク。その歴史は古く、ローマ時代から交通の要衝として栄えてきました。戦災を免れた本物の中世の街並みが残っていることから「ドイツ中世の奇跡」とも呼ばれています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy