ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗そば店の黄色いそば「蘭切りそば」

9月24日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、道内No.1の港町・北海道・釧路を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「竹老園・東家総本店」(北海道釧路市)が紹介された。

道行く人にオススメとして紹介された同店は創業明治7年という歴史ある老舗蕎麦店。上質な一番粉にこだわった手打ち蕎麦を味わうことができる。
席についた日村勇紀さんは「特選品コース」(2,780円/税込)を注文。「茶そば」や「そば寿司」などお店の名物を堪能出来るメニューだ。

まず運ばれて来たのは「かしわぬき」。店主いわく「お酒のアテ」だというこのスープは、親鶏を宗太鰹のつゆで煮込んだもの。本来はかしわそばのダシとして使うものを、そば抜きで頂くという一品だ。一口飲んだ日村勇紀さんは「うわぁ…これはすごいわ…うっまぁい」とコメント。

つづいて登場したのは一風変わった黄色いそば「蘭切りそば」。卵をつなぎとしたおそばで、歯ごたえと錦糸卵のような風味が特徴だ。ずずずっと勢いよくそばをすすり込んだ日村勇紀さんはニコリと笑って「うまい!」と一言。「すんごいコシがある。美味しい」と満足げにコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:竹老園東家総本店 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:釧路・阿寒のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:釧路・阿寒×和食のお店一覧
老舗そば店の黄色いそば「蘭切りそば」
オリーブオイルやコショウまで、燻製にこだわった燻製ラーメン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。