ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気分は午後1時半!? ドラマ化された「きのこたけのこ戦争」が完全に昼ドラ

気分は午後1時半!? ドラマ化された「きのこたけのこ戦争」が完全に昼ドラ

ネット上でもたびたび話題になる「きのこたけのこ戦争」。明治のチョコスナック「きのこの山」と「たけのこの里」を愛する人が、それぞれの推しを主張し合うバトルですが、ついにドラマ化されてしまいました……!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

2017年9月26日に「大人のきのこの山」と「大人のたけのこの里」がリニューアルして新発売されるのを記念して、9月25日からスペシャルWEBドラマ『きの子と竹彦』が公開されました。「大人の」ですから、かなりビターなドラマ。しかも1話の長さは、まるできのこの山、たけのこの里をひとつ食べるのに要する時間のように短い6秒。そのせいか、非常にテンポよく進んでいきます。

気になるストーリーは、「きのこの山」を愛する女性きの子が「たけのこの里」を愛する武里家に嫁入りしたことで経験する様々な出来事。これが昼ドラ仕立てで進んでいくのですが、ツボをおさえた「昼ドラあるある」ネタが散りばめられ、いかにもな展開です。そのノリは、人物相関図を見ただけで一目瞭然。

ある日、帰宅した夫・竹彦のシャツに怪しいシミを見つけるきの子。


そして定番の嫁いびりの数々。




夫・竹彦は母親にべったり。


疑惑の現場に出くわし、病んでしまうきの子……。たわしコロッケの代わりに出てくる「きのこの山」の山。おそらく「たけのこの里」を愛する武里家にとっては禁忌のはずです。



失意のうちに故郷に帰ったきの子。彼女に思いを寄せる幼なじみ。



いやもう「これ東○テレビの昼ドラで見たなぁ」っていう感じのドロドロの愛憎劇が繰り広げられます。

このドラマについて、「きのこの山」開発担当者は

「ドラマをご覧になった皆さまにお伝えしたいことは、これは遠い世界の話ではなく、現実に起きている物語だということです。世論では『たけのこの里が市民権を得ている』なんて話もあって……きのこの山の担当としては、胸を痛める思いです。この大人シリーズの作品で、皆様の『きのこの山』に対するイメージが少しでも変わってくれることを祈っています」

とコメント。

対する「たけのこの里」開発担当者は

「最初に脚本を『きのこの山』担当者から渡されたときは、あぜんとしました。『ついにこんな手を使ってまで、市民権を得たいのか……』と思ったのですが『ここで逃げたらダメだ……!』と思い、今回の大人シリーズの企画にOKを出すことにしました。監督と喧嘩みたいになることも何回かありましたが、結果として、お互いの商品にとっても良かったんじゃないでしょうか。まぁ、『たけのこの里』には余裕がありますからね(笑)」

と余裕のコメント。こちらでもバチバチ火花が散ってますねぇ。

ちなみに、大人シリーズの商品についてですが、どちらも甘さ控えめで「大人のきのこの山」はカカオをより味わえるようチョコのビター感をアップ。

「大人のたけのこの里」は、クッキーのおいしさをより味わえるよう、チョコの量を調整しているとのこと。

どちらも参考小売価格は、箱入りが200円(税別)、ミニパックが130円(税別)となっています。

そして、きのこたけのこ融和の象徴ともいえる、どちらも入った袋入りもラインナップ。こちらは380円(税別)です。

きのこたけのこの愛憎入り混じるドラマを見つつ、たまには推しとは別の方を食べてみるのもいいかも……?

(咲村珠樹 / 画像提供・株式会社 明治)

関連記事リンク(外部サイト)

どこでも映像合成&ホログラフィック 新世代のライブエンタテインメント体験してきた
『屋根の上のコスプレイヤー対策サービス』を奈良の会社が開始 え、どういうこと?
あなたの「愛」もプラス!フィギュア買取査定に新潮流「愛情買取」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy