ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全部手描き。フォトショ一切不使用のファンタジー溢れる絵画がカッコイイ

@jonodry/InstagramPhotoshopをはじめとする画像加工ソフトが一般的になってから、ちょっとやそっとの画像では驚かなくなってしまいました。

手のひらにゾウが乗っているこの画像。

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2017 4月 18 9:20午前 PDT

フォトショップなどの画像加工ソフトは使用していません。

それどころか写真でもありません。

実はこれ、手描きの絵なんです!

・超リアリスティックな鉛筆画

この写真にしか見えない作品の作者は南アフリカ・ケープタウン在住のJono Dryさん

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2017 1月 24 8:12午前 PST

彼が使う道具は鉛筆のみ

細部まで細かく描き込むだけでなく、時には手のひらを使って境界をぼかし、写真のような作品を作り上げているそうです。

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2017 4月 13 1:27午前 PDT

さらに作品はかなりの大きさ。

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2016 12月 19 1:51午前 PST

そのため、一枚が完成するまで半年以上もかかってしまうことも珍しくないのだとか。

・独自の世界観が人気に

Dryさんの作品の特徴は、リアルさだけでなく背景が非常にシンプルなことも挙げられます。

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2016 9月 2 6:03午前 PDT

これは画面を劇的に演出するというだけでなく、自分の作品だけをしっかりと見つめて欲しいという自信の表れなんだそう。

確かに、人間の肌や飛び散る水滴も、どれだけ見ても写真のようです。

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2016 6月 12 8:56午前 PDT

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 – 2017 8月 22 9:11午前 PDT

しかもこれだけのテクニックを独学で身に着けたというから驚きの一言です。

「自分の仕事には限界はない」をモットーに作り続けるDryさんの作品は注目を集め、人気も急上昇。

作品は随時インスタグラムにアップされています。

気になった方は、ぜひチェックしてみては?

Instagram(jonodry)
https://www.instagram.com/jonodry/

アート(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy