ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桐島洋子が語る「書くこととの出会い」

桐島洋子が語る「書くこととの出会い」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。9月19日から21日をかけて、少女時代、10代、編集者時代、そして趣味の骨董のこと。ノンフィクション作家、桐島洋子さんにお話を伺いました。

1937年生まれ、日本の女性ノンフィクション作家の草わけ的存在の桐島さんは、歌手・女優の桐島かれんさん、エッセイストの桐島ノエルさん、写真家の桐島ローランドさんのお母様でもあります。1971年『淋しいアメリカ人』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。ベトナム戦争を取材し、アメリカやカナダに暮らし、世界中を旅しながらルポルタージュを書き続けました。

20日(水)のオンエアは、そんな桐島さんと「書くこととの出会い」についての話題です。

「小学校5年くらいに作文というものが始まって、それで私は頭角を現しまして(笑)。それまで、どちらかと言うと学校の勉強は駄目だったんですけど、それが作文で急に褒められるようになったんで、気分が良くなって。『文章と私の人生は縁があるんだろうな』とその頃から思いましたね。何でも乱読です。お蔵に行くと山のように本があったんです、父親の。あと、大人の雑誌が山ほどありました。大人の雑誌のほうが読みやすいからいろいろ読んでいたから、大人っぽいことを覚えてしまいましたけど(笑)」(桐島さん、以下同)

その後、編集の世界に身を投じる桐島さん。きっかけは、進学も就職も無く困っていた時期に、作家の永井龍男さんの娘さんと仲良しだったことから、偶然、娘さんに送ったハガキが永井さんの目に止まり「あの子は文才があるから文藝春秋を受けてみたらどうだ?」とアドバイスをもらったのだとか。結果、文藝春秋に入ることができたそうですが、「作文主体の試験で楽勝だった」と振り返っていました。

永井さんといえば、芥川賞・直木賞の理事、後に『文藝春秋』の編集長も務める昭和を代表する作家でエッセイスト、編集者です。そんな永井さんの目に留まったことで、文芸雑誌の編集者となった桐島さんは、妊娠を機に会社を辞め、編集者から作家となります。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy