ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家電量販店で使える値引き交渉マジックワード集

家電量販店で使える値引き交渉マジックワード集

家電メーカーは自社の新製品や話題製品を売り込むために、家電量販店に「リベート」と呼ばれる販売報奨金を出すことがあります。例えば、1万円の商品が売れたら、定価の5~15%を量販店に支払うというものです。このリベートを織り交ぜた、値引き交渉に使えるマジックワードを紹介しましょう。

値引き交渉に使えるマジックワード

量販店は大量に仕入れて販売すれば、通常の店頭価格より安くても多額のリベートで売り上げアップと利益確保につながります。これが“キャンペーン価格”の仕組み。つまり、リベート商品はさらに値引きできる可能性があるということです。

そこで、値引き交渉に使えるマジックワードが「これはリベートあるんですか」です。業界通のフリをしてと交渉すれば、スムーズに値下げしてもらえるかもしれません。店頭で大々的に行っているキャンペーンは要チェックです。

期間限定のキャンペーンなどは、リベートである可能性が大。「今だけ」のようなキーワードのキャンペーンもリベートの可能性があります。このほか、季節家電もキャンペーンの多い商品です。

値引き交渉のNGワードに注意する

ほかにも「予算がこれしかありません」も値引き交渉のマジックワード。素直に予算が少ないことを打ち明けると、店員もなんとかしたくなるようです。「合わせて○○○円になりませんか?」も有効。ただし、ジャンルが違うものは適用外です。

「現金で支払います」も値引き交渉のマジックワード。現金だとカード利用代を取られなくて済むので家電量販店にとってはありがたいからです。その分、値引きしてくれることもあります。

値引き交渉はNGワードに注意しなければなりません。「もっと安くならない?」と、いきなり価格を下げさせようとするのは店員の心象を悪くするでしょう。「これもサービスして」と、おまけを付けさせるようなことは最も店員に嫌がられます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。