ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かつてない規模で開催「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子」展、日本民藝館にて

mingeikan_Windsor-chair_01

椅子づくりの映像上映や講演会も

2017年9月7日(木)から11月23日(木・祝) まで、東京・駒場の「日本民藝館」にて、「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子」が開催されています。

日本民藝館のコレクションをベースに松本民芸生活館や個人蔵のものなど、日本にある優れたウィンザーチェアが一堂に並びます。関連する欧米のさまざまな椅子も合わせ、これまでにない規模で展示。曲木などの技術や長年世界中で愛され続けるその造形美を紹介します。

ウィンザーチェアは、厚い座板に脚や背棒を直接差し込み、木のみで製作されます。木と手仕事が生み出す自然で質朴な美しさと実用品として幅広く使われていることから、柳宗悦や濱田庄司、芹沢銈介、池田三四郎ら民藝運動を代表するメンバーから高い評価を得て、日本において西洋家具の代表として浸透していきました。

会期中、西館では約10分にわたる映像「チルターンヒルズにおける椅子づくり」を上映するほか、講演会も開催されます。

18世紀前半にイギリスで誕生して以来、現在の家具デザインにも大きな影響を与え続けているウィンザーチェア。その魅力を民藝の視点からご覧ください。

ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子

会期:2017年9月7日(木)~11月23日(木・祝) 10:00~17:00(入館~16:30)

※月曜休館(祝日の場合は開館し翌日休館)

会場:日本民藝館/東京都目黒区駒場4-3-33

入館料:一般 1100円 / 大高生 600円 / 中小生 200円

詳細:http://www.mingeikan.or.jp/events/

▽関連企画

記念講演会 松本民芸家具とウインザーチェア

日時:2017年10月28日(土) 18:00~19:30

会場:日本民藝館大展示室

講師:池田素民(松本民芸家具常務取締役)

参加費:300円(別途、要入館料)

定員:100名(要予約)

申し込み先:日本民藝館 03-3467-4527(10:00~17:00)

特別講演会 ロマネスクと柳宗悦

日時:2017年11月11日(土) 18:00~19:30

会場:日本民藝館大展示室

講師:金沢百枝(東海大学文学部ヨーロッパ文明学科教授)

参加費:300円(別途、要入館料)

定員:100名(要予約)

申し込み先:日本民藝館 03-3467-4527(10:00~17:00)

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

無印良品が厳選した東アジアの道具を販売「My Found MUJI East Asia」
昭和のデザインから最新技術まで「家電のある生活展」展、家電約20点を当時の生活シーンとともに展示
作品約190点が集う「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」、展覧会公式グッズも

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy