ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2倍大変でも幸せは10倍!不安だらけだった年子出産もみんなの力で乗り越えられた!

f:id:akasuguope01:20170224163102j:plain

第一子を出産した10ヶ月後に2人目の妊娠が発覚しました。

私は三姉妹の末っ子で、上のお姉ちゃんは年子、私は6歳離れていました。仲のいいお姉ちゃん達と、少し距離がある私。そんな距離に小さいながらにさみしい思いをして育った私は、年子に憧れていました。ですので「自分の子供も年子だったらな・・・」と考えて、産後は避妊しませんでした。

しかし、いざ2人目の妊娠がわかると年子の育児について不安でいっぱいになってしまいました。

私が長男を妊娠したのは21歳の時で、22歳で出産しました。日本の平均出産年齢は、約30.4歳ということなのでそれに比べるとはるかに早い出産でした。

私は高校卒業後に就職したので、妊娠した頃は勤務年数3年で貯金は100万円ありました。旦那さんは高校卒業後、県外の大学に行き途中で中退し地元に帰ってきて働き始めたばかりで貯金は0に近い状態でした。

そんな若い夫婦でしたので、やはり経済的な心配がどうしても出てきてしまいます。さらに、インターネットで調べてみると、「年子は大変」「産後鬱」「育児ノイローゼ」などといった言葉ばかり出てきます。私もそれを恐れていました。

それでも、中には「大変だけど幸せ」「3歳まで辛抱」「赤ちゃん返りがない」などといった私を励ましてくれる言葉もありました。

実際子供を授かったのです。良い事ばかりを信じるしかありません。「なんとかなる!頑張ろう」という気持ちになれました。 関連記事:年子?2歳差?3歳差…?我が家に最適なのは何歳差なのか、周囲にリサーチしてみた by あね子

妊娠した時は、上の子はまだ保育園に行っていなかったので、妊婦検診にも一緒に連れて行きました。病院にはありがたいことにキッズルームがあったので、検診には問題なく通うことができました。

問題は、産後の入院中どうするかです。私は実家の母にお願いする事にしました。予定日の1ヶ月前に車で1時間ぐらいの実家に帰り、息子が母と一緒に寝てくれるように慣れてもらうようにしました。

結局出産まで息子が母と二人だけで寝ることはありませんでしたが、入院中には泣くことなく母と寝てくれました。

甥っ子や姪っ子も遊びに来てくれて、遊び相手がいたからか、私が心配していたよりも問題なく、退院した時は以前とは違ってはるかに「お兄ちゃん」になっていました。赤ちゃんの次男を可愛がってくれています。そんな2人を眺めているとほっこりします。

年子には育児が大変など色々と意見があると思いますが、私は年子を選択してよかったです。大変さは2倍ですが、幸せは10倍です。 関連記事:「かわいそう??」そんな時もあるけれど、年子育児はとても楽しい! by グラハム子

f:id:akasuguope01:20170224155538j:plain

著者:二児Mama

年齢:23歳

子どもの年齢:2歳8ヶ月、1歳4ヶ月

年子の男の子の母です。元気いっぱいの息子たちの育児に奮闘中です。産休育休後、共働きなので忙しく大変な毎日ですが、楽しく幸せな毎日を送っています。息子たちの笑顔に支えられ、一生懸命に頑張っています。年子ならではの出来事、仕事と育児の両立などみなさんと共有できればいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

お腹が出てきた妊娠6ヶ月。2回もお腹をぶつけて心底ヒヤッとした話
生まれてくる子どもを愛する覚悟。それは少しずつ芽生えていくものだから by 吉本ユータヌキ
「俺は男だから小さい女の子が想像できない!」性別を言い当てはしゃいだ旦那…突如うろたえる by モチコ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy