ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

壊れたBDプレーヤーのドライブは自力で交換する

壊れたBDプレーヤーのドライブは自力で交換する

インターネットの普及により、各種家電の自力修理が容易になりました。有志がその手順やヒントをサイトに掲載していることに加え、交換用の部品がヤフオク!などで比較的安価に入手できるからです。壊れたBDプレーヤーのドライブは自力で交換修理する手順を見ていきましょう。

BDレコーダーの分解手順を検索

BDレコーダーだとよくあるのが、光学ドライブが劣化し、読み書きできなくなるというトラブル。そこで、2007年発売のソニー「BDZX90」を例に、壊れたBDレコーダーのドライブを交換する流れを解説しましょう。

BDレコーダー本体の分解手順は「製品名+修理」で検索するとすぐ見つかります。続いて、交換用のソニー専用BDドライブ「BRD-100」の入手。動作確認済みの中古品がヤフオク!にて複数出品されており、5,000円程度で入手可能です。

「BRD-100」は、2007年発売のBDZシリーズ「BDZ-X90/L70/T70/T50」で互換性があります。内蔵HDDが不良になったBDレコーダーも数多く出品されており、そちらの方がより安く落札できるでしょう。

BDレコーダーが復活する可能性大

中古だけにBDドライブが正常に動くかは博打なので、可能なら複数台入手しておきたいところ。完動品を確保できる確率が上がるのはもちろん、流通量が多い今のうちに入手しておけば、将来、再修理が可能になります。

BDドライブの交換作業の順番は、本体を分解し内蔵HDDを取り外してから、BDドライブの交換です。外したネジ類は場所ごとに分類し、デジカメでこまめに写真を撮っておくとスムーズでしょう。

BDレコーダーの不具合がドライブに起因している場合は、これだけで復活する可能性大です。なお、組み直した後にHDDのフォーマットや初期化は必要ないので、この作業自体では録画した番組に影響はありません。

関連記事リンク(外部サイト)

BDレコーダーのドライブを自力で交換修理する
ソニーのヘッドマウントディスプレイの使用感!
懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返る
壊れたBDプレーヤーのドライブは自力で交換する

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。