体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017】京都の紅葉名所、全25スポット!見頃やライトアップ情報も!

11月中旬~下旬

本堂からは有名な悟りの窓と、迷いの窓から紅葉を望むことができる。この窓にはそれぞれ禅の教えが込められているとか。ぜひ、紅葉を眺めるのだけでなく、こころ静かに自分自身と向きあい「禅の教え」を感じてみましょう。また、もうひとつの名所である鶴亀の庭は本堂の軒先に座ってたっぷり紅葉を観賞することも可能。有名な名所のため、多少混雑は予想されるが、それでも一見の価値はあり。 源光庵

TEL/075-492-1858

住所/京都市北区鷹峯北鷹峯町47

営業時間/9:00~17:00

定休日/法要行事のあるときは拝観中止の時間あり。

料金/400円※11月のみ500円

アクセス/市バス「鷹峯源光庵前」下車 徒歩約1分

駐車場/紅葉時期は駐車禁止

「源光庵」の詳細はこちら

下鴨神社

色づく原生林で深呼吸を

下鴨神社

例年の見頃

12月上旬~中旬

全国に1186社ある賀茂神社の総本社で、正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)。約40種もの植物が茂る参道・糺の森(ただすのもり)が朱色に染まる、秋だけの光景に見とれて。

境内の紅葉の見頃は、12月上旬~中旬と京都市内でも遅め。朝イチは、参拝客が比較的少なく、新鮮な空気に包まれた静かな糺の森を散策でできるのでおすすめ。 下鴨神社

TEL/075-781-0010

住所/京都市左京区下鴨泉川町59

営業時間/夏期5:30~18:00、冬期6:30~17:00

定休日/なし

料金/特別拝観「大炊殿」500円

アクセス/京阪出町柳駅より徒歩10分

駐車場/150台(有料)

「下鴨神社」の詳細はこちら

かやぶきの里

かやぶきの民家が今なお残り、古き良き日本の秋の原風景が色濃く残る山里

かやぶきの里

東西に流れる由良川に沿って、古いかやぶき屋根の民家が38棟残り、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている。集落や周囲の杉林に点在する赤いモミジが、里山の秋の風情に彩りを添える。 かやぶきの里

TEL/0771-75-1906 美山町観光協会

住所/京都府南丹市美山町北

アクセス/京都縦貫道園部ICより50分

駐車場/100台

「かやぶきの里」の詳細はこちら

※この記事は2017年9月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

次につなげる、デート後のLINEテクニック!模範文や送るタイミングを解説!
きらめく夜景に非日常空間…あの人と行きたい♪「夜景」が美しすぎるホテル【全国】
紅葉露天に夜景も一望!開放的スギる「日帰り温泉」13選【関東・甲信越】

前のページ 1 2 3 4 5 6
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。