ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次につなげる、デート後のLINEテクニック!模範文や送るタイミングを解説!

次につなげる、デート後のLINEテクニック!模範文や送るタイミングを解説! 植村絵里さん

デートの後のLINEってどうすればいいんだろう…?そんな悩みを抱える女性は多いと思います。

今回は、女性経営者であり恋愛のスペシャリストである植村絵里さんに、どんなLINEを送ればカレに喜んでもらえるのかを聞いてみました。

テクニックはもちろん、その背景にある「素敵な女性になるための考え方」にも注目して読んでみてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

恋愛のスペシャリスト・植村絵里さん紹介

やってはいけない!デート後LINEのNG例

このまま使える!デート後のLINE・模範例文

-テクニック1/「タイプです」や「あこがれの」で自分へのハードルを一気に下げる

-テクニック2/「嬉しい」「楽しい」「あっという間」で想像力をかきたてる

-テクニック3/「つれてって下さい」で決断を相手に委ねる

-テクニック4/ちっちゃいハートが2つの絵文字でカレのテンションを上げる

-テクニック5/最後にちゃんと「挨拶」を入れて好感度アップ

-テクニック6/デート後LINEはすぐに送る

LINEのやりとりを続けるためのテクニック

愛されるオンナになるために心がけたいこと

恋愛のスペシャリスト・植村絵里さん紹介

植村絵里さん

1980年東京生まれ。聖心女子大学卒。

新卒で入社した会社で営業職を経験後、経済産業省後援の起業家育成プロジェクト「Dreamgate」で社会人向け起業スクールを立ち上げ。その後28歳で日本初の女子大生ベビーシッターサービスを起業、2011年にはクイックエステBeautiQ(ビュティック)を創業するなど、経営者として数々の成功をおさめる。

姉御肌な性格から、多くの男女の悩み相談を聞いていたらいつの間にかその数が3000人以上に。

鋭い洞察から生まれる本質的な女性の生き方、考え方を記したブログのファンも多数。

植村絵里オフィシャルウェブサイト

植村絵里ポッドキャストー植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である」

やってはいけない!デート後LINEのNG例

20代の女性から「初めてのデート後にどんなLINEを送ってる?」とリアルな声を聞き出し、植村さんに採点してもらいました。

みなさん厳しい結果を下されることに…。

「上から目線」は一番やってはいけない

LINE※プライバシー保護のため、教えてもらった内容を元に改変しております

【植村さんの採点(10点満点)】

「全然ダメ!1点!!」

【このLINEのここがダメ!】

・上から目線なところ

・男は「がんばってる?」と聞かれるのがイヤな生き物

「自分のこと」ばかり話すLINEに返信は来ない

LINE※プライバシー保護のため、教えてもらった内容を元に改変しております

【植村さんの採点(10点満点)】

「う~ん、2点!」

【このLINEのここがダメ!】

・「まだお腹いっぱい」って、自分のことを話してどうするの?

・もうちょっと相手を喜ばす内容を送りなさい

定型文感が強すぎると「コピペかな?」と思われることも

LINE※プライバシー保護のため、教えてもらった内容を元に改変しております

【植村さんの採点(10点満点)】

「これはまだいいですね。5点かな!ちゃんと『ありがとうございました』って挨拶ができてることはいいところです。」

【このLINEのここがダメ!】

・ちょっと定型文な感じが強すぎる

・もっとふたりにしかわからない内容を入れるべき

このまま使える!デート後LINEの模範例

NG例の内容では、なかなか次のデートに繋がらないし、もちろんその先に発展する可能性も低くなります。

では、どのようなLINEを送れば成功するのでしょうか?植村さんに模範例文を作ってもらいました。

植村絵里さん

あこがれのAさんとお食事に行けてとっても嬉しかったです(ハートの絵文字)楽しくてあっという間だったけどお腹はしっかり満たされました(ニコちゃんマーク)今日お話にでてきた●●も是非つれてって下さい!おやすみなさい、ありがとうございました!

それでは、ひとつひとつポイントを挙げて解説していきましょう。

テクニック1/「タイプです」や「あこがれの」で自分へのハードルを一気に下げる

テクニック
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy