ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワンクリックで人生を変えた。ポストEDMドリームを体現する二人組ODESZA(オデッザ)とは?

ワンクリックで人生を変えた。ポストEDMドリームを体現する二人組ODESZA(オデッザ)とは?

 ニュー・アルバム『ア・モーメント・アパート』を最新の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”において、第3位にチャートインさせ大ヒットを記録したオデッザ。2016年のアヴィーチーのDJ活動引退や、カイゴを筆頭としたトロピカル・ハウスの台頭を象徴とし、“ポストEDM”が近年ポップ・ミュージックの世界におけるトレンド/キーワードとなって久しいが、彼らオデッザはおそらくその文脈で語られることになるであろうアーティストである。

<出会ったその日に結成、そして作曲>

 「ワンクリックでのアップロードが人生を変える」という現代のミュージシャンに訪れるかもしれないシンデレラストーリー。このオデッザはまさにそんな物語の体現者だ。2012年、アメリカはシアトルで学生をしていたハリソン・ミルスとクレイトン・ナイトが出会ったその日のうちに曲作りを行なって結成。同年9月にファースト・アルバム『Summer’s Gone』をフリーダウンロードでリリースしたところ、瞬く間に話題に。当時絶大な影響力を誇っていた音楽ブログのキュレーションメディア“Hype Machine”でヒットしたことをきっかけに、アディダスとのタイアップ契約や、【コーチェラ・フェスティバル】への出演を獲得するまでになった。

◎「IPlayYouListen」MV
https://youtu.be/G-u1wEz39G4

<圧倒的成果。YouTube4億再生以上、そして【グラミー賞】ノミネート>

 当初から大きな話題を作ったオデッザだが、その本格的な飛躍となったのがロンドンを拠点とする名門レーベル<Ninja Tune>のサブレーベル<Counter Records>からリリースされた2014年のセカンド・アルバム『イン・リターン』だ。「“トラック”というよりも“楽曲”を作ることに注力した」と本人たちが語っていた通り、さまざまなシンガーを招くというアプローチによりさらなるオーバーグラウンドへのアピール力を放ち、Spotify総再生回数は5億回を、YouTube総再生回数は4億回を越え、【第58回グラミー賞】では<最優秀リミックス・レコーディング賞>にノミネートされるまでとなった。こうしたリスナーと批評家双方からの高い評価はオデッザの大きな特徴である。こうしたポジショニングは、クラシックやジャズ・ピアノの教育を受け、フォー・テットのようなアブストラクトなダンス・ミュージックを好むクレイトン・ナイト、そしてヒップホップに多大な影響を受けているハリソン・ミルスという「二人の組み合わせの妙」と無縁ではないはずだ。

 そうした彼らの最新の成果が、今回の米ビルボード・アルバム・チャートでの3位獲得。そして同ビルボードにおけるダンス/エレクトロニックチャート1位獲得である。これは所属レーベルである<Ninja Tune>と<Counter Records>としてもこれまでで最も高いチャート順位だという。

◎「Say My Name (feat. Zyra)」MV
https://youtu.be/QMssNXBCCl0

<共通の趣味だという「映画音楽」がポストEDMの新たな扉を開く>

 約3年ぶりのアルバムとなった最新作『ア・モーメント・アパート』は“成長、進歩、成熟”がテーマであるという。その発言の通り、前作に引き続き多くのシンガーを起用しているのも特徴で、参加ミュージシャンはNaomi Wild(ナオミ・ワイルド)、WYNNE(ワイン)、Mansionair(マンションネア)、Kelsey Bulkin(ケルシー・ブキン)、Sasha Sloan(サーシャ・スローン)、RY X(ライ・X)、The Chamanas(ザ・チャマナス)といった気鋭またはネクスト・ブレイク勢が中心。

 そんなフィーチャリング・アーティストの中でも特に注目したい参加アーティストが、新人ミュージシャンながらも【グラミー賞】ノミネートを経験しているリオン・ブリッジズ。そしてやはり注目すべき楽曲はリオン・ブリッジズが参加した「Across The Room」だ。トレンドを無視した真正面のグッド・ミュージックのようでありながら、コーラスで鳴り響くストリングスや女性ヴォーカルが“ポストEDM”感と“映画音楽”感を共存させた白眉の出来。過去と未来の融合を感じさせるこの楽曲は、本作を、そしてオデッザの本質を凝縮させた一曲ではないだろうか。

 近年急速に発展を遂げ、それゆえに形骸化も激しいEDMは、外部の音楽を取り入れることでその領域を広げかつ延命しようとしている。そうした“ポストEDM”の流れの一つとして注目すべき存在がこのオデッザである。

◎「Across The Room (feat. Leon Bridges)」音源
https://youtu.be/rOB4YihHndg

Text:照沼健太

◎リリース情報
『ア・モーメント・アパート』
オデッザ
2017/9/8 RELEASE
2,200円(plus tax)
※日本盤特典:ボーナス・トラック追加収録、解説・歌詞対訳封入

関連記事リンク(外部サイト)

9月30日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
【米ビルボード・アルバム・チャート】トーマス・レットが堂々の首位、ザ・ナショナル/オデッザらがTOP5初登場
ミーゴズのクエヴォ、トラヴィス・スコットとのジョイントALを間もなくドロップと発言

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。