ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】「打上花火」「ピースサイン」、米津参加楽曲がアニメ・チャートTOP2独占

【ビルボード】「打上花火」「ピースサイン」、米津参加楽曲がアニメ・チャートTOP2独占

 DAOKO×米津玄師の「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌)が今週の“JAPAN Hot Animation”で初登場から6週連続となる首位を獲得し、止まらない勢いを見せつけた。 

 ダウンロード、動画の再生回数、ストリーミングの指標では今週も断トツのポイントを獲得し首位、さらにエアプレイとルックアップでも2位以下との差は縮まってきているものの安定したポイントをキープ。2016年からのロング・ヒットとなっているRADWIMPS「前前前世」(映画「君の名は。」主題歌)は同チャートで最高8週連続で首位を獲得しており、「打上花火」の連続首位記録はこれに迫っている。

 また、米津玄師「ピースサイン」(TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』OP)は先週よりランクを上げて今週2位にチャート・イン。米津が11月にアルバムリリースを発表したこともありTwitterで1位、動画では2位、ダウンロードでは3位と高ポイントをマーク。「打上花火」「ピースサイン」と米津の参加楽曲がTOP2を独占した今週の結果は、米津が得意とするデジタル領域での勢いが持続していることが大きな要因となっていると言える。

 今週の同チャート8位に初登場でチャート・インしたのは尾崎裕哉の「Glory Days」(映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』主題歌)CDリリースに先駆けて解禁されたダウンロードで2位を獲得しており、次週以降他の指標に波及していくのか動向を追っていきたい。 

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「打上花火」DAOKO×米津玄師
2位「ピースサイン」米津玄師
3位「Sweet Witches’Night ~6人目はだぁれ~」三村かな子(CV:大坪由佳)、十時愛梨(CV:原田ひとみ)、森久保乃々(CV:高橋花林)、椎名法子(CV:都丸ちよ)、及川雫(CV:のぐちゆり)
4位「RAIN」SEKAI NO OWARI
5位「空に歌えば」amazarashi
6位「SHIORI」ClariS
7位「光を」岡本信彦×Trignal
8位「Glory Days」尾崎裕哉
9位「前前前世」RADWIMPS
10位「英雄 運命の詩」EGOIST

関連記事リンク(外部サイト)

9月25日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャート5週目の首位獲得
【ビルボード HOT BUZZ SONG】DAOKO × 米津玄師「打上花火」5週連続首位、amazarashi「空に歌えば」が初のトップ5入り

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。