ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】エド・シーランが洋楽チャート18週目の首位、サム・スミス&ベックがTOP20初登場

【ビルボード】エド・シーランが洋楽チャート18週目の首位、サム・スミス&ベックがTOP20初登場

 先週、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”1位に返り咲いたエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が再びチャートを制し、通算18週目の首位を獲得した。

 100ポイントダウンとなったが、いまだに4000ポイント台をキープし続けている「シェイプ・オブ・ユー」。Twitter指標では、ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」に首位を奪われてしまったが、依然とデジタル・セールス、動画再生回数、ストリーミングでは洋楽勢TOPとなっている。

 今週3位にランクアップし、初TOP3入りしたのはカーリー・レイ・ジェプセンの「カット・トゥ・ザ・フィーリング」。先週、同曲が収録されたEPのプロモーションにために来日していたことや同曲が起用されたCMのオンエアを受け、デジタル・セールスやエアプレイ・ポイントが上昇中で、公開されたばかりのミュージック・ビデオのポイントが加われば、来週は引き続きTOP3にランクインする可能性大だ。

 9位に初登場した、サム・スミスによる待望の新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ~さよならに慣れすぎて」は、洋楽勢5位となったエアプレイを軸に、好スタートとなった。この季節にピッタリのバラードということもあり、これからジワジワと記録を伸ばすことが予想される。今週もう1曲のTOP20初登場曲は、17位のベック「アップ・オール・ナイト」。来月リリースされるニュー・アルバム『カラーズ』収録曲で、エアプレイ・ポイント(洋楽勢2位)を大量に稼いでのエントリーとなった。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」テイラー・スウィフト
3位「カット・トゥ・ザ・フィーリング」カーリー・レイ・ジェプセン
4位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
5位「ホワット・ラヴァーズ・ドゥfeat.シィザ」マルーン5
6位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
7位「フレンズ」ジャスティン・ビーバー&ブラッドポップ
8位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
9位「トゥー・グッド・アット・グッバイズ~さよならに慣れすぎて」サム・スミス
10位「シャンデリア」シーア

関連記事リンク(外部サイト)

9月25日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
【agehasprings】極上ポップス製造マシーンが紡ぎ出す次世代音楽~エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」~
スクリレックス&エド・シーラン、サプライズ・セットでクラブを盛り上げる

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy