ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くるり【京都音楽博覧会】目玉コーナー“生”歌謡ショーの演目公開

くるり【京都音楽博覧会】目玉コーナー“生”歌謡ショーの演目公開

 本日9月20日にBlu-ray/DVD『くるくる横丁』をリリースしたくるり。9月23日 京都・梅小路公園 芝生広場にて開催される【京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園】の目玉企画、“生”歌謡ショーの演目を公開した。

 【京都音楽博覧会】は、くるりが地元京都・梅小路公園を舞台に開催しているイベントだ。歴史が長く、文化芸能を大事にしてきた京都ならではの音楽イベントにしようと、2007年より開催されきた。

 初開催から10年、誰の目にもわかりやすいひと区切りを迎え、くるりが試みた新たなチャレンジは、“生”歌謡ショー。ハウスバンドとオーケストラを用意し、そこにゲストボーカリストが入れ替わっていくスタイルで行われる。ハウスバンドには佐橋佳幸(g)、Dr.kyOn(Key)、高桑圭(b)、屋敷豪太(dr)というメンバーを迎え、オーケストラは“京都音博フィルハーモニー管弦楽団”と題し、京都市立芸術大学の卒業生を中心に、全国で活躍する若手奏者が集る。佐藤はこの形式に関して「僕らが子供のころって、テレビの歌番組やバラエティにはたいていハウスバンドが入っていた。でも最近はキー局の歌謡祭ですら、大部分がカラオケになっている。それはちょっぴり寂しいなっていう感覚も、個人的にはある。」とコメント。

 演目発表に関して岸田は「紅白歌合戦もクラシックのコンサートも曲目が決まっている。全部わかった上でどんな演奏になるのか想像するのも楽しいと思います。いろいろ工夫を凝らしたことをやるので、アレンジに「うぉ!」ってなって聴いていただけたら」と、その理由を明らかにしている。また、今回の管弦アレンジは、岸田と徳澤青弦の2人によるものだ。岸田いわく「スコア(楽譜)を書くという行為を通してのセッション。僕自身はくるりのライブ以外、音楽的な裏方に徹する」と、今回の音博への意気込みを語っている。

 いよいよ今週末開かれる【京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園】は、現在の音楽を取り巻く環境に一石を投じるイベントとなりそうだ。

 また、本日9月20日より、くるりの新曲「How Can I Do?」と「特別な日」の先行配信もスタートしている。

◎イベント情報
【京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園】
2017年9月23日(土)京都・梅小路公園 芝生広場
OPEN 10:30 START 12:00(いずれも予定、雨天決行、荒天中止)
出演: くるり / Alexandre Andres & Rafael Martini / UA / Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/ 田島貴男(ORIGINAL LOVE)/ Dhira Bongs / Tomi Lebrero / 二階堂和美 / 布施 明 / and 京都音博フィルハーモニー管弦楽団
・くるり 京都音博“生”歌謡ショー
Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
1.小さなレノン
2.Taxi Driver
3.迷子犬と雨のビート
田島 貴男(ORIGINAL LOVE)
1.ウイスキーが、お好きでしょ
2.プライマル
3.接吻
UA
1.悲しみジョニー
2.AUWA
3.いとおしくて
布施 明
1.君は薔薇より美しい
2.シクラメンのかほり
3.My Way
二階堂 和美
1.いてもたってもいられないわ
2.いのちの記憶
3.お別れの時

関連記事リンク(外部サイト)

くるり、2018年春全国ツアー開催決定
くるり、『くるくる横丁』京都音博会場限定盤が発売決定&新曲配信リリースも
【RSR2017】くるり、夜明けとともに披露した「太陽のブルース」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy