ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【D】 『D TOUR 2017「Dark fairy tale」』 2017年8月29日 at 赤坂BLITZ

 やはり、このバンドのバランス感覚は面白い。いや、“面白い”ではなく、“絶妙”と言い換えてもいいだろうし、場合によっては“奇妙”と言い換えられるかもしれない。6月にリリースされたシングル「Dark fairy tale」を受けての全国ツアー、そのファイナル。今作のキーワードは“妖精”ということで、それに合わせたかたちで、ステージ上には花と蝶があしらわれた。いずれもだいぶ大振りで、客席から観るメンバーがちょうど妖精のサイズに感じられるようなステージ演出だ。艶やかなコスチュームに身を包んだ5人はまさしく妖精に扮しているのだが、だからと言ってそこで繰り広げられたのは演劇でもミュージカルでもなく、当然の如く、バンドのライヴなのであった。MCで“幻想的な世界に酔いしれよう”と言いつつも、例えばサイケデリックな音でそれを醸し出すのではなく、基本的にはハード、ヘヴィなバンドサウンドで攻め、ところどころ“Oi!Oi!”とオーディエンスを煽る。また、決してフランクすぎるお喋りがあるわけではないが、この日が誕生日のASAGI(Vo)がメンバーから祝福される場面があったり、Ruiza(Gu)の物販紹介があったり、曲間には文字通りのライヴ感もあった。観た目はとてもシアトリカルな印象なのだが、音は極めて剥き出し、そしてメンバーは本人のキャラクターを隠さない。ギャップと言えば言えるが、でも、それこそがDのライヴの本質であり、彼らの魅力なのだ。“今、自分が生きていることを実感させてもらっている”とASAGIは言ったが、それはライヴバンドなればこその台詞なのであった。
 (okmusic UP's)
撮影:TAKUYA ORITA/取材:帆苅智之
セットリスト
1.Dark fairy tale
2.メテオ〜夢寐の刻〜
3.花惑
4.羽根をひとひら
5.伝承されし空の物語
6.空に咲(え)む花、水に棲み地に宿る。
7.Bluebell wood
8.光の庭〜名もなき森の夢語り
9.三角お屋根と哀れな小熊
~Dr.solo & リズムセッション~
10.Night-ship“D”
11.Eve(エバ)の系譜
12.慈愛の虜囚
13.Who killed fairy?
14.迷いの森
15.Guardian
16.Dearest you
17.月の杯
18.薔薇の記憶
19.7th Rose~Return to Zero~ / 7th Rose
20.Wonderland Savior〜太陽と月の歯車〜
21.斯くも深き魂の輪舞曲(ロンド)
D
ディー:2003年4月、ASAGIとRuizaを中心にバンドを結成。2005年に現メンバーとなる。世界観を重視した、ドラマ性を持った作品を次々に発表し、08年にメジャーデビュー。ASAGIの独特の世界観を重視した、ドラマ性を持った作品が特徴。そんなDの作り出す唯一無二の独特の世界観は、ティム・バートン監督にも愛されている。15年9月にアリスの世界をコンセプトにしたシングル「HAPPY UNBIRTHDAY」をリリースし、16年10月にはアリスシリーズ完結作となるフルアルバム『Wonderland Savior』を発表した。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。