体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢の新技術、クルマの自動運転─トヨタに異業界転職したソフトウェアエンジニアが開発の魅力を語る

自動運転はクルマの「アポロ計画」

「ドライバーの操作なしにクルマを走らせることができる自動運転技術の開発は、いわばアポロ計画のようなものと感じます。そういう壮大なプロジェクトに関わってみたいという思いから、トヨタ自動車に転職しました」

世界遺産でもある名峰、富士山が見下ろす静岡・裾野市にあるトヨタ自動車の先端技術開発拠点、東富士研究所で、自動運転の中核技術であるソフトウェアの研究開発に携わる五十嵐 諒さんは語る。

トヨタ自動車株式会社 先進安全先行開発部・第一先行開発室 五十嵐 諒さん

ゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツによって発明されてから131年目の今日、自動車開発の世界ではまさに100年に一度と言われる大変革が起こっている。

変革の三大テーマは自動車を内燃機関ではなく電気で走らせる「電動化」、これまでスタンドアロンであった自動車をネットワークに接続してスマートデバイス化する「コネクティビティ」、そして人間が運転せずとも乗る人の思い通りに、あるいは社会の要請に従って走ることができる「自動運転」である。

自動運転はその3つの中で、最もドラマチックな革命を巻き起こす技術と言われている。自動車はもともと馬車から進化したものだが、クルマを走らせる動力が馬から機械になっただけで、御者=ドライバーは依然として必要だった。

今度はその御者を人工知能に置き換えようというのである。自動車業界では「今まで作ってきたのは、いわば半自動車。これができて初めてホンモノの自動車になる」という声が聞かれる。クルマづくりにおいて、自動運転とはまさしく、長年の夢を実現させるテクノロジーなのだ。

だが、その実用化は困難を極める。昨今、「〇〇年に完全自動運転を実現する」というプランを世界の自動車メーカーが続々と打ち出している。

また、ディープラーニングに代表される人工知能の急速な進化も進んでいる、すでに自動運転の実用化のおおまかなロードマップは見えているものというイメージを持たれている。

現実は違う。自律走行可能なクルマを社会と融和させるために、どのような技術を生み出し、それらをクルマにどうパッケージするべきなのか、またそのクルマをどのように走らせれば人間社会に調和するかといった方向性すら決まっていない。

安全や環境に関する基準を満たしさえすれば道路を走ることができたこれまでのクルマづくりとは、困難さのレベルが違うのである。

五十嵐さんが自動運転を1960年代、当時の技術力を完全に超越することが求められた有人月着陸プロジェクト「アポロ計画」になぞらえるのは、そういう意味だ。

機械→原子力→Webサービス→自動運転

トヨタに入社したのは半年前だが、すでに自動運転のためのソフトウェア作りで重要な役割を担っている。

「今、私が担当しているのは、高速道路限定ではなく、一般道を含めた公道で走らせることができる自動運転車の先行開発です。自動運転にはいろいろな方法がありますが、われわれが目指しているのは道路からの誘導管制なしに、単独で自律走行が可能な自動運転車。

それを安全に走らせるためにはクルマがまず各種センサーで環境を正しく認識し、どう走らせるかというプランニングを適切に行えるようにならなければいけません。一般道は高速道路に比べるとスピードは遅いですが、信号がある、歩行者が飛び出してくるなど、環境の複雑性は格段に上。それをクリアするための技術開発に取り組んでいます」

今の仕事の概要をこう語る五十嵐さん。まるで10年もクルマを作ってきたかのような知見だが、実は転職するまでは、自動車産業との接点はほとんどなかったという。

高校を卒業後、日本の大学ではなくアメリカの大学に進学。そこでまず、機械工学を学んだ。

「親は普通の公務員で、帰国子女というわけではありません。高校時代からアメリカに行ってみたいと思っていたんです。実は当時からクルマが好きで、大学では自動車部に所属して、チームでレーシングカーを自作して大学対抗のコンテストで走らせたりしていました。また、自動車の仕組みを独学で学び、愛車の修理・メンテナンスを自分で行ったりしていました。

卒業後も自動車開発をやってみたいという気はあって、アメリカで就職活動をしたのですが、機械工学はナショナルセキュリティに引っかかることが多くて難しいことがわかったんです」

その後、帰国して大学院に進学。そこで学んだのは機械ではなく原子力工学。エネルギー危機が叫ばれる中、原子力ルネサンスという言葉が生まれていたように、核エネルギーへの期待感が世界的に広がっていた時代。日本のエネルギー自給に貢献したいという夢を描き、核燃料サイクルの研究を行った。

「ところが、東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故で、核エネルギーが多くの人に喜んでもらえるものではなくなってしまった。やはり作るなら喜んでもらえるものを作りたいと思い、大手Web企業に就職したのです」

大学で情報系の勉強をしたわけではなく、趣味でプログラミングをしたり、大学の研究室のホームページを改善したりといった程度の経験であったが、大手Web企業では、検索エンジンの構築や、Eコマースの推薦システム、ビッグデータ解析に従事した。

それがある程度カタチになってきたところで、上司から「そろそろ新しいことをやってみないか」と言われた。

あらゆる分野のノウハウが求められている

社内で新規事業の立ち上げをやるか、それともまったく別の分野に挑戦するか迷った。そんなとき、登録していた人材情報会社のヘッドハンターから、「トヨタ自動車があなたに興味を持っている」と連絡を受けた。

「コンサルティング、ビッグデータ関連、ベンチャー企業で企業経営にかかわりながら新規事業を行うなどの案件でも話をもらっていましたが、トヨタ自動車からの話は自動運転技術の開発をやってもらいたいというものでした。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。