ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エド・シーラン日本ツアーのOPアクト抜擢! 大物新人 ラウヴ(Lauv) 10月にSpotify再生数1億5千万回を超えるヒット曲収録のデビューEP発売決定

エド・シーラン日本ツアーのOPアクト抜擢! 大物新人 ラウヴ(Lauv) 10月にSpotify再生数1億5千万回を超えるヒット曲収録のデビューEP発売決定

 エド・シーランのジャパン・ツアーのオープニング・アクトに抜擢された大物新人 ラウヴ(Lauv)。その来日を記念して、Spotifyで再生数 1億5千万回を超えるヒット曲「I Like Me Better」収録のデビューEP(日本独自企画盤)が、10月25日に発売される。

 今年最もブレイクしたアーティストの一人となったラウヴとは一体どういう人物なのか、音楽を始めてからブレイクに至るまでのプロセスを語った字幕付きインタビュー映像が公開。ラウヴはエド・シーランのオープニング・アクトに抜擢されたことについて次のように語っている。

「現代における最高のアーティストと一緒にツアーできるなんて、ぼくの人生において初めての大きなチャンスで、なんとも言いようのない興奮が湧き上がっています。 この上なく光栄なスタートだと思っています」

 ラウヴは、ニューヨーク出身、現在はLAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。ニューヨーク大学在学中の2015年にシングル「The Ohter」が大ヒット、今年発売したニュー・シングル「I Like Me Better」は、Spotifyでグローバル ・チャート(全世界のランキング)でTop50に入り、アーティストとしても総再生回数がTop100にランクインしている。またアーティストへの楽曲提供も行っており 、ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックにも選ばれたチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)や、全米シングル・チャートでトップ10ヒットを記録したチート・コーズの「No Promises (feat.Demi Lavato)」にも楽曲提供をしている。

 ソングライティングに関しては、「以前は、自分が一体何者なのかっていう感覚がなかったんだ。自分が何者なのかわからないままに人生を過ごしてしまうようにね。だけど、大学2年生の時、ポール・サイモンのインタビュー記事を読んでいたら、“ソングライティングのアプローチとは、隠している感情をさらけ出す過程である”、ということが述べられていて、それを読んだ時に、何か自分に強い感情が湧き上がってきたんだ。それがきっかけとなって“自分に正直に向き合い曲作りをすることにフォーカスする”というこをと主眼にソングライティングに取り組むようになった」彼はそれ以降、「The Other」(2015年)をはじめとして大きな支持を集めるようになった。

 今夏は、北米にて初のヘッドライン・ツアーやビルボード・ホット 100 フェスティヴァルに出演。秋からは、ジャパン・ツアー含む14公演にものぼるエド・シーランのアジア・ツアーにてサポーティング・アクとして出演する予定だ。

◎インタビュー映像(字幕入り)
https://youtu.be/q1ady5b0M-8

◎「 I Like Me Better 」ミュージック・ビデオ
http://bit.ly/2wNOOPQ

◎エド・シーラン ジャパン・ツアー日程(オープニング・アクト:ラウヴ)
10月25日(水)大阪城ホール
10月31日(火)日本武道館
11月1日(水)日本武道館
http://edsheeran-japantour.com/

◎リリース情報
「ラウヴ EPジャパン・エディション」
2017/10/25 RELEASE
<CD> TRCP-223 1,200円(tax out.)

[Tracklist]
1. I Like Me Better (リード・トラック)
2. Easy Love
3. The Other
4. Reforget
5. Breathe

関連記事リンク(外部サイト)

スクリレックス&エド・シーラン、サプライズ・セットでクラブを盛り上げる
【ビルボード】エド・シーランが洋楽チャートNo.1に返り咲き、通算17週目の1位に
テイラー新曲が記録更新、プリンスが一番好きだった色、「デスパシート」歴代1位タイに:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy