ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTube再生前の広告を自動スキップで消す方法

YouTube再生前の広告を自動スキップで消す方法

「ユーチューバー」が憧れの職業になるなど、誰もが使っている動画共有サイトが「YouTube」です。とはいえYouTube再生前の広告は、見たい動画がすぐに見られなずにイライラするという人は多いでしょう。そこで、YouTube再生前の広告を自動スキップで消す方法を紹介しましょう。

YouTube再生前の広告を自動で消す

YouTubeを利用していると生じる細かな不満をまとめて解消してくれるのが、ブラウザ拡張機能「Enhancer for YouTube」です。ブラウザ拡張機能とは、ChromeやFirefoxといったブラウザの機能を拡張してくれます。

これをインストールしておけば、動画再生前の広告をスキップしたり、画質や再生モードの選択を自動化できるのです。Chromeであれば、Chromeウェブストアで「Enhancer for YouTube」配布ページを開いて「CHROMEに追加」をクリックします。

YouTube再生前の広告を自動スキップで消す方法は、ツールバーのアイコンから「Enhancerfor YouTube」の設定を選択。「ビデオプレーヤー」の項目にある「自動的にビデオから広告を除去する」「Automatically remove annotations」の2つをチェックします。

YouTube広告を消すとイライラ解消

あとはYouTubeを普通に再生するだけ。再生前の広告が自動スキップされて、目的の動画がすぐに再生されるようになります。こうして再生前広告を消すことができれば、イライラも解消されるでしょう。

同じく「ビデオモード」の項目にある、「動画の画質を自動的に調整する」をチェック。好みの画質を選んでおくと、設定した画質が自動選択されるようになります。これで常に最高画質でYouTubeが楽しめるというわけです。

このほか「シネマモード」の項目にある「自動的にシネマモードを有効にする」にチェックをしておくと、動画を再生すると自動でシネマモードが選択されるようになります。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。