ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『9月16日はなんの日?』T・レックス、マーク・ボラン没後40年

『9月16日はなんの日?』T・レックス、マーク・ボラン没後40年

 9月16日はT・レックスのボーカリスト/ギタリストとして知られるマーク・ボランの40回目の命日。

 マーク・ボランは1947年9月30日、イギリス・ロンドン生まれ。1965年にソロデビュー。その後、T・レックスとして「ゲット・イット・オン」や「20センチュリー・ボーイ」など多数のヒット曲を放ち、1970年代前半に絶頂を迎えたグラム・ロック・ムーヴメントの代表格としてカリスマ的人気を博した。日本でも70年代当時からT・レックスの人気は高く、72年に日本武道館にて来日公演をおこなっているほか、近年までにCMやドラマ、映画などで多数の楽曲が使用されている。

 妖艶なメイクに煌びやかなコスチューム、中性的な佇まいでデヴィッド・ボウイと並ぶグラム・ロック界のスーパースターとなったマーク・ボランだったが、同シーンの衰退とともに人気も低迷。再起を図るべくバンドメンバーを一新し、1977年3月に『地下室のダンディー』を発表。しかし、同年9月16日、ロンドン郊外にて交通事故によりこの世を去った。生前「自分は30歳まで生きられない」と予言していたボラン。享年29歳、その予言は現実のものとなってしまった。

 マーク・ボランの没後40年にあわせ、海外ではT・レックスのリミックス・アルバム『Remixes』がリリースされたほか、日本国内でもT・レックスをリスペクトするミュージシャンによるトリビュート・アルバム『T.Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba』が9月13日に発売されている。

関連記事リンク(外部サイト)

T.REX、世界初リリース『T.REXRASY』トレーラー映像公開
『9月15日はなんの日?』ジャズ・ピアノの巨匠、ビル・エヴァンスの命日
『9月14日はなんの日?』映画史に燦然と輝くミュージカル名作を手掛けた巨匠、ロバート・ワイズの命日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy