ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

J-POPに負けない洋楽の作り方とは?! テイラー・スウィフトとマルーン5【Chart insight of insight】

J-POPに負けない洋楽の作り方とは?! テイラー・スウィフトとマルーン5【Chart insight of insight】

 今さら言うことでもないが、日本の音楽マーケットは独特で、J-POPが8割ほどのシェアを占めている。よって、洋楽のヒットがなかなか作り難く、しかもどんどん洋楽離れが進んでいるという。実際、レコード会社の洋楽部門は縮小気味だし、コンサート来日における集客も大型フェス以外では苦戦している。よって、チャートの上位に洋楽ヒットが上ってくるということも少ない。

グラフ画像(全2枚)

 とはいえ、そのなかでも健闘しているアーティストや楽曲は少なからず存在する。Hot100で今週初登場で11位にチャートインしたテイラー・スウィフトの新曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」は、そのお手本となる一曲かもしれない(【表1】)。この曲は先行配信しているとはいえ、11月リリースの新作アルバム収録曲のためフィジカルのCD売上は加算されていない。よって、セールスのポイントでは25位にとどまっている(紫の点)。しかし、ラジオのオンエア回数に関しては一気に3位まで上がっており(緑の点)、加えて動画再生数でも5位という好成績(赤の点)。言い換えれば、テイラーのようにプロモーションはラジオでのオンエアに注力し、話題性のあるMVを拡散できれば、チャート上位を狙えるということだ。もちろん、これはテイラーだからできたということかもしれないが、これからのヒット作りのヒントになるのではないだろうか。

 同じ観点で見てみると、Hot100の28位にランクインしたマルーン5の「ホワット・ラヴァーズ・ドゥ feat.シィザ」も要注目(【表2】)。この曲は、ラジオのオンエア回数で2位を記録している(緑のグラフ)。こちらも配信のみのリリースのため、セールスのポイントは45位とそれほど高くはない(紫のグラフ)。しかも、動画再生数は圏外のため、ほぼラジオのポイントによるチャートインといえる。

 このように、売れないといわれる洋楽もまだまだ可能性はある。ラジオや動画再生を押さえるだけでなく、ストリーミング再生でもバズが起これば、大ヒットにつながるかもしれないのだ。Text:栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】テイラー・スウィフトが1位&4位に、カーディ・Bが2位に浮上
テイラー・スウィフト、新ビデオ・チャンネルのトレイラー映像を公開
【ビルボード】テイラー・スウィフト、圧倒的なポイントで洋楽チャートNo.1に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。