ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE MACKSHOW ロックの聖地に新たな伝説を刻んだ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴDVD 9/20発売

THE MACKSHOW ロックの聖地に新たな伝説を刻んだ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴDVD 9/20発売

THE MACKSHOWがロックの聖地に新たな野音伝説を刻んだ昭和91年(2016年)10月16日の日比谷野音ワンマン・ライヴ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」の模様を収録したライヴDVDが9月20日にリリースされる。

この作品は、第二期マックショウの集大成として行われた8年振り2度目となる日比谷野外音楽堂での感動ライヴを生記録したもの。

メンバー3人のロックンロールに加え、ミッキー・スリム・マック(伊東ミキオ)のロックンロール・ピアノが転がり、盟友フジイ・マック(藤井清次)が彩りを添えるフルマック・バージョンを含む、新旧とりまぜたベストマック・ソングが収録された、全ロックンロール・ファン号泣必至の永久青春保存盤映像作品となっている。当日、全国津々浦々から集まった永久未成年~全ロックンロール・ファンはもとより、会場に駆けつけることができず涙を飲んだロックンローラー社会人にもぜひ観てもらいたい。

OTOTOYでは「今夜はショウダウン in 日比谷野音」当日の模様のライヴ・レポートを掲載しているので、こちらも併せてどうぞ。そして、昭和九十二年9月現在、マックショウはまだまだロックンロール街道を突き進んでいる。全国のコンサート情報はオフィシャル・ウェブサイトまで。(岡)

・THE MACKSHOWオフィシャル・ウェブサイト
http://bad-rec.com/pc/pg179.html
・「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴレポート
http://ototoy.jp/news/84519
・『今夜はショウダウン』はOTOTOYからも配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/66884

リリース情報
THE MACKSHOW (ザ・マックショウ)
『ザ・マックショウコンサート「ヒビヤショウダウン」』
発売日:2017 / 9 / 20
品番:SPACE-008 価格:¥5,000(税抜) LABEL: B.A.D RECORDS UNITED
発売・販売:株式会社 スペースエイジ
収録曲  
1. グリース・ミー
2. 情熱のロカ・ローラ
3. 恋のスピードウェイ
4. ナナハン小僧のテーマ
5. 派手にやれ!(Mach Shau!)
6. 恋はハンキー・パンキー
7. 恋のマジック・ドライヴィン
8. 首都高ムーンライト
9. ファンキー・ダイナマイト
10. ビッグママ・ヘイ・ヘイ
11. 恋はまぼろし
12. 100メートルの恋
13. 今夜はスタンド・バイ・ミー
14. 夜はつかのま
15. リンカーン・コンチネンタル
16. 高速ヘヴン
17. グッバイ・ステディ
18. 怪人二十面相
19. 今夜はShowdown
20. ア・ハートビーツ・トゥナイト
21. ロックンロール・スルー・ザ・ナイト
22. 83413(今夜は最高)
23. 今夜だけが
収録時間:約105分

ライヴ情報
ザ・マックショウコンサート
★昭和92年10月7日(土)蒲郡Always Cafe Bar
★昭和92年10月8日(日)三重M’AXA
★昭和92年10月15日(日)本八幡サードステージ
★昭和92年10月21日(土)高岡Clover Hall
★昭和92年10月22日(日)新潟WOODY
★昭和92年10月28日(土)福島OUTLINE
★昭和92年10月29日(日)

THE MACKSHOW ロックの聖地に新たな伝説を刻んだ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴDVD 9/20発売 THE MACKSHOW ロックの聖地に新たな伝説を刻んだ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴDVD 9/20発売 THE MACKSHOW ロックの聖地に新たな伝説を刻んだ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴDVD 9/20発売 THE MACKSHOW ロックの聖地に新たな伝説を刻んだ「今夜はショウダウン in 日比谷野音」ライヴDVD 9/20発売
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy