ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もりねこが特例認定NPO法人となりました!

この度、もりねこが特例認定NPO法人となりました!

「にゃにそれ??とくれい?にんてい?」 保護猫のトビーくんも目を丸くして驚いています!

認定(特例認定)NPO法人とは?

「認定(特例認定)NPO法人」とは、NPO法人のうち「一定の基準を満たしている」と所轄庁(もりねこの場合は岩手県)が認めたNPO法人のことです。

NPO法人の中でも、「より客観的な基準において高い公益性を持っている」と判定された法人である、ということです。

認定NPO法人になると何かメリットがあるの?

認定NPO法人へ寄附をした方は、税制上の優遇措置を受けることができます。

1、個人が寄付(賛助会費含む)をした場合
寄付金控除制度が適用され、確定申告をすることで税金の還付が受けられます。
「所得控除」「税額控除」のいずれかを選んで確定申告することができます。

2、法人がもりねこに寄付した場合
「特別損金算入限度額」扱いとなり、一般のNPO法人への寄付より経費として扱える寄付金限度額が高くなります。

以上のように、もりねこへのご寄付は個人の方にも法人の方にもメリットがあります。

詳細につきましては内閣府のホームページをご覧ください。
https://www.npo-homepage.go.jp/kifu/kifu-yuuguu

岩手県庁にて認定証の交付式の様子。気が引き締まります。

猫の保護頭数も増え、活動が大きくなるにつれ、かかる経費も増していく一方ですが、保護猫カフェの運営だけで賄える資金には限りがあります。

もちろん、寄附金だけに頼ることなく、自走できる経営が大切だということは痛切に感じているところではありますが、資金繰りに追われるあまり本来の活動が疎かになってしまうようでは本末転倒です。

猫も人も幸せな社会を実現するための取り組みに全力を注いでいけるよう、皆さまにもお力添えいただければとてもとても助かります。

ぜひ、今後とももりねこの活動を応援してください。

もりねこについて

もりねこは、盛岡市の中心地にある保護猫カフェです。保健所などから保護された猫たちに新しいおうちを探すためのスペースとして、時間制の開放型猫カフェスタイルをとっています。ゆったりと入居猫たちと触れ合うことができ、猫たちがのびのびと遊ぶ姿を間近で見られるのが特長です。猫をお迎えしたい里親希望の方々も、じっくりと家族になる猫ちゃんを選ぶことができます。それぞれの事情でもりねこに来た猫たちが、新しいおうちに1日でも早く迎えられ、愛情をいっぱい受けて幸せになりますよう、スタッフ一同願いつつ日々活動しております。

▶︎もりねこのアーカイブ記事

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。