ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポール・スミスも大ファンの日本人庭園デザイナー

ポール・スミスも大ファンの日本人庭園デザイナー
J-WAVEで放送中の番組「GROWING REED」(ナビゲーター:岡田准一)。9月17日(日)のオンエアでは、庭園デザイナーの石原和幸さんをゲストにお招きしました。

石原さんは22歳で生け花「池坊」に入門。その後、苔を使った庭づくりが国際ガーデニングショーの最高峰である「チェルシーフラワーショー」で高く評価されました。エリザベス女王から「庭の魔法使い」と呼ばれているのだとか!

岡田から「庭園デザイナーとは具体的にどんなお仕事?」と聞かれ、「例えばホテルなど…東京でいうとウェスティンホテル東京。あの周りの庭をやらせていただいたり。空港ですと、羽田空港のターミナル1ですね。11番から14番ゲートの所にお庭があると思うんですけど」と答える石原さん。そして「緑を使って人を喜ばせたりハッピーにしたり…そういうのが仕事かなと思ってます」とご自身の仕事を紹介してくれました。「すごいなあ…」と岡田は感心していました。

そんな石原さんは、「説明をしないといけない庭はもうアウト」と考えているそう。どういうことかというと…

「見て、『キレイ』と言われても、僕にとってはアウト。僕、英語ができないのでボディランゲージしかできないですけど、お客さんが見て、『ギャー!』とか言ったり、泣き出したりするのが、僕の仕事だと思っていて…それがプロだと思います」(石原さん)

見た瞬間に写真を撮られるのも嬉しいそうですが、石原さんの庭のファンだというポール・スミスさんについて「ズケズケと僕の庭に入って(写真を)撮りまくる」と石原さん。僕の庭だから一応確認取ってくれへん?」とも思うそうです(笑)。

石原さんは苔が大好きとのことですが、「苔があると芝が腐るから」という理由で嫌がられることもあるそう。石原さんはイギリスで「苔がこんなにキレイなんだ!」と見せつけるために、屋根、壁、テーブルすべて苔だけの家を作ったのだとか。2007年くらいから苔が人気になり、最近ではイギリスでも苔を使われることが多いそう。

岡田は「苔を人気にしたのは石原さん」と知っていたようで、「もっと自分で言ってったほうがいいですよ(笑)。『苔人気にしたの俺ですよ!』って」とアドバイスをして石原さんを困らせていました(笑)。

【番組情報】
番組名:「GROWING REED」
放送日時:毎週日曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。