ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男

雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男

Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。2017年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話」を発明したのだが、それがどう見ても電話ボックスにしか見えない。

もしかしたら、彼の作品をバカバカしいと思った人も多いかもしれない。だけど、このムービーを自身のFacebookで公開したところ、160万回以上も再生されるという、意外な高評価で…。

違法、だけど人気の電話

雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男

携帯電話を持っていない人のほうが珍しい世の中。雨に濡れたくないから、ボックスに入ったまま移動できる電話を作ろうと思ったんだ。

こんな時代だからこそ、ひらめいた発明だという。Benedettoに安全なのか聞いたところ、自信たっぷりに「YES!」と答えてくれた。だけど、やはり違法のようで、通常は運転してはいけないらしい。

これをFacebookで公開すると、「おもしろすぎる!」や「これぞ、本物の携帯!!」など多くの人々から賞賛の声が集まったのだ。

茶目っ気あふれる彼の“大真面目な傑作”は、まだまだある。雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男雨がキライという理由で、違法な「電話ボックス」を作った男Licensed material used with permission by Benedetto Bufalino

関連記事リンク(外部サイト)

店舗が電話ボックス!?ロンドンにオープンした「サラダショップ」はひと味違う
外出先でバッテリー切れを起こしたくない人のための携帯電話
広さ1㎡の小さなオフィスで働く、スマホ修理屋さん。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy