ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【柴田淳】 自分の幸せは自分で決めるーー。 “本当の幸せとは”を説いた渾身作!

2年8カ月という長い年月の中、“柴田淳”をリセットし、改めてもがき苦しんだという。そして、完成したニューアルバム『私は幸せ』。音楽と対峙し生まれたメッセージは、とてもリアルで苦しくて、だからこそ美しい。
 (okmusic UP's)
──2年8カ月振りのニューアルバム『私は幸せ』がついに完成しましたね。1曲目の「理由」から思い切りタイトルとは対極な不幸を歌っていて驚きました。
「ですよね(笑)。これまでのアルバムで一番リアクションが怖い作品です。実は、このアルバムの収録曲は全て怒っているんですよ。」
──確かに、“怒り”や“憎悪”“嫉妬”などを強く感じました。でも、それも深さに変換されているような気がして。
「そうとらえてくれると嬉しいです。この一枚を作る前、あまりに制作が久しぶりだったので、“柴田淳”がどんな世界なのか分からなくなってしまっていたんです。そこで過去の曲を聴こうとはしたんですが、私にとって曲はその時の心情をそのまま映し出しているものなので、苦痛なんですよね。なので、苦痛から逃れたくて、まっさらのまま曲作りを始めたんです。」
──だからこそ、こんなにもストレートな歌詞なのですね。
「あまりにも作り方が分からないからこそ、その時の“悔しい”“辛い”という感情をそのままぶつけているんですよ。これまでだったら、“でも、明日にはその気持ちが変わるかもしれない”という少しの光を残していたんですが、今作にはそれがひとつもないんです。“苦しい”とそのまま言葉にしているんです。中でも「轍」という曲は“幸せになれなかった”と断言しているんですよ。」
──この曲はどんな想いで作られたのですか?
「実は私の亡くなった恩師への想いを歌にしたんです。タイトルも先生が綴っていた学級通信の名前なんです。歌い始めの《擲り書きで綴った想い出は 今でも貴方の側で咲いてますか?》というフレーズも、殴り書きのようにわんわん泣きながら棺に納める手紙を書いたからなんです。この歌詞を書いた時、ちょうど家族と大喧嘩して自暴自棄になっていて、その時の感情をそのまま歌にしてしまいました。もう先生のところに行ってしまいたい!って。」
──1曲目の「理由」もこれまでの曲とはまた違った曲の構成ですよね。
「この曲は過去の私と、過去の私と同じような考え方をしている人たちへの説教ソングかもしれないです(笑)。人間って誰かに対して腹が立った時っていうのは、自分自身も同じところがあって、そこを見せつけられているような感覚になるからという話を聞いたことがあったんです。確かにその通りだと思うんですよ。今の私はそんな過去の自分と同じような考え方をしている人にイラッとしてしまうところがちょっとある(笑)。」
──具体的にどんな人でしょうか?
「私は20代の頃、“私は愛情乏しく生まれてかわいそう”って思っていたし、それを言葉にしていたんです。でも、その時期を強く乗り越えた今の私からしたら、過去の私に対して“だから何?”としか思えないんです。周りの人に“かわいそうだね”と言ってもらえることがその時は嬉しかったけど、それでは何の解決にもなってないし、同情されることがどんなに惨めかも歳を重ねるごとに分かってきて…。それに気付いて、乗り越えたからこそ、今の私は不幸自慢をしてくるような人たちにイライラしちゃうんです。」
──柴田さんの3枚目のアルバム『ひとり』あたりまでは、その感情が顕著に出ていましたよね。
「そうなんですよ!(笑) そういう時こそ、“自分には生まれた意味があるはず”って思ったりね。でも、それって大抵その時の自分への言い訳でしかないんですよね。実はそんなことはどうでもよくて、自分が終わりを迎えた時に、涙を流してくれる人がいる人間になれればいいだけの話なので、そこで同情を集めるために動いても意味なんてないんですよ。…という説教を曲にしました(笑)。」
──あはは。説教というよりも、叱咤激励ですよね。あとは、“柴田淳=ラブソング”という人に聴いてもらいたいのが、「いくじなし」と「手のひらサイズ」かなと。
「あはは。そうですね。私、好きになるタイプがこの曲のようないくじなしや、心の小さい人が多いんですよ(笑)。その怒りが全てここに出されているんです(笑)。」
──同じ女性としてはスカッとしましたけどね。
「そう思ってもらえたのなら嬉しいです(笑)。そう言えば、今作もプロデューサーを立てていないので、選曲がすごく大変でした。やはり2年8カ月も制作をしていないと、溜めていた想いが爆発して、グワッと曲が出来上がるんですよ。でも、同じ時期に作るから一卵性何十生児みたいになっちゃって、どこかしら似てきてしまうんです。だけど、休みなく走り続けたまま作った前作の『バビルサの牙』に比べてはるかにスムーズに曲が出てきたので、インプットも大事なんだなと、2年8カ月には意味があったと改めて思いました。」
──それは改めて“歌が好き”だということに気付いたということでしょうか?
「う~ん。もちろん、好きは好きですけど、それ以上に曲を作ることがやっぱり好きなんだなと思いました。曲作りは私の自信を取り戻してくれますね。普段、自分の認知度や状況を見て、劣等感を感じることがあるんですが、ずっとお休みしていたら、さらに“私は歌わなければ何の取り柄もないただの人だ”って、もっと落ち込んでしまったんです。やはり満員のコンサートの客席を観ることで自信を付けていたんだと再確認しましたね。やらなければ…と。まだ、このアルバムを発売するだけで、ライヴができる状態にまでは戻っていないのですが、何かのきっかけで奮起し、集まってくれたファンのみなさんを直接肌で感じれば、またもとの状態には戻れると思うんです。そう考えると、この2年8カ月で弱った心を取り戻すために必要な作品だったのかもしれません。」
──そんなアルバムのタイトルが“私は幸せ”なわけですが。
「アルバムの曲が全部不幸なんですよ。だからこそ、聴く前にタイトルを見てたら驚くと思うんです。それに最近、SNSの発達とともに自分の幸せを、他人が決めるような風潮になっているじゃないですか。でも、どんな状況でも幸せかどうかはその人が決めることなんです。このアルバムは、その“強さ”を肯定するアルバムになったらいいなと思っていて。このアルバムを手に取る人たちが、自分が心から思う幸せを見つけられたら嬉しいですね。」
取材:吉田可奈
アルバム『私は幸せ』
2017年9月20日発売

ビクターエンタテインメント

【初回限定盤(Photobook付)】

VIZL-1208 ¥4,000(税抜)

【通常盤】

VICL-64819 ¥3,000(税抜)
柴田淳
シバタジュン:女性の深層心理を鮮やかに描き、美しいメロディーに乗せて歌うシンガーソングライター。幼少の頃よりピアノのレッスンを受け、20歳の頃より作詞作曲を始める。2001年10月にシングル「ぼくの味方」でメジャーデビュー。シンガーソングライターとしての活動の他にも、楽曲提供、ナレーション、ラジオパーソナリティーなど幅広く活躍している。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。